メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

見つめ続ける・大震災 被ばくの影響を追え 福島の沿岸部

1枚目/9枚中

東京電力福島第1原発から南に約1・2㌔の海岸で、国立環境研究所の堀口敏宏博士(53)は波消しブロックのすきまにもぐり込み、イボニシを採取する。干潮に合わせるため、時間は限られている=福島県大熊町で2018年2月20日、小出洋平撮影
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
  4. 米国 大統領令を準備 独禁法違反で米、グーグルなど調査
  5. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」

編集部のオススメ記事

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです