メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

見つめ続ける・大震災 被ばくの影響を追え 福島の沿岸部

1枚目/9枚中

東京電力福島第1原発から南に約1・2㌔の海岸で、国立環境研究所の堀口敏宏博士(53)は波消しブロックのすきまにもぐり込み、イボニシを採取する。干潮に合わせるため、時間は限られている=福島県大熊町で2018年2月20日、小出洋平撮影
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. コトバ解説 「海老」と「蝦」の違い
  3. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  4. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る
  5. ORICON NEWS misonoの夫・Nosukeが闘病公表「精巣がんによる胚細胞腫瘍」

編集部のオススメ記事

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです