メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

見つめ続ける・大震災 被ばくの影響を追え 福島の沿岸部

1枚目/9枚中

東京電力福島第1原発から南に約1・2㌔の海岸で、国立環境研究所の堀口敏宏博士(53)は波消しブロックのすきまにもぐり込み、イボニシを採取する。干潮に合わせるため、時間は限られている=福島県大熊町で2018年2月20日、小出洋平撮影
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  2. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
  3. 地震 大阪府北部で震度6弱
  4. 高校バスケット 審判に暴行映像、SNSで一気に広まる
  5. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲

編集部のオススメ記事

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです