東日本大震災

見つめ続ける~定点観測 福島第1原発

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
[1/8]
  • 福島第一原発=福島県大熊町沖で2018年2月15日、本社ヘリから和田大典撮影
    福島第一原発=福島県大熊町沖で2018年2月15日、本社ヘリから和田大典撮影
  • 福島第1原発1~4号機と汚染水貯蔵タンク群=福島県大熊町沖で2017年3月3日、本社ヘリから後藤由耶撮影
    福島第1原発1~4号機と汚染水貯蔵タンク群=福島県大熊町沖で2017年3月3日、本社ヘリから後藤由耶撮影
  • 福島第1原発事故の爪痕が残る中、廃炉作業が行われている3号機の原子炉建屋(左奥)=福島第1原発で2016年2月12日午後0時20分、森田剛史撮影
    福島第1原発事故の爪痕が残る中、廃炉作業が行われている3号機の原子炉建屋(左奥)=福島第1原発で2016年2月12日午後0時20分、森田剛史撮影
  • 東日本大震災から4年を迎えた東京電力福島第1原発(奥)と汚染水保管のためのタンク群=2015年3月11日午後1時39分、本社ヘリから
    東日本大震災から4年を迎えた東京電力福島第1原発(奥)と汚染水保管のためのタンク群=2015年3月11日午後1時39分、本社ヘリから
  • 「溶接型」タンク 建設現場で運ばれる鋼鉄製の板=福島県大熊町の東京電力福島第1原発で2014年2月26日午後1時8分、代表撮影
    「溶接型」タンク 建設現場で運ばれる鋼鉄製の板=福島県大熊町の東京電力福島第1原発で2014年2月26日午後1時8分、代表撮影
  • 東日本大震災から2年を迎えた東京電力福島第1原発=2013年3月11日午後2時46分、本社ヘリから
    東日本大震災から2年を迎えた東京電力福島第1原発=2013年3月11日午後2時46分、本社ヘリから
  • 約3キロ離れた地点から撮影した東京電力福島第1原発の(左から)1、2、3、4号機。手前には汚染水貯蔵タンクが見える=福島県大熊町で2012年3月11日午前、本社ヘリから
    約3キロ離れた地点から撮影した東京電力福島第1原発の(左から)1、2、3、4号機。手前には汚染水貯蔵タンクが見える=福島県大熊町で2012年3月11日午前、本社ヘリから
  • 震災発生翌日、上空から見た福島第1原発。並んでいる原子炉建屋は、1号機(中央右)を除くほとんどが、カバーをきれいな状態で残していた。その後、水素爆発などで次々と姿を変えることになる=2011年3月12日午後3時55分、本社機から貝塚太一撮影
    震災発生翌日、上空から見た福島第1原発。並んでいる原子炉建屋は、1号機(中央右)を除くほとんどが、カバーをきれいな状態で残していた。その後、水素爆発などで次々と姿を変えることになる=2011年3月12日午後3時55分、本社機から貝塚太一撮影

あわせて読みたい

注目の特集