閉校式

「ありがとう」 椅子と心運ぶパレード 東京・中野十中

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
[8/22]
  • 閉校式を終え、第三中学校へ向けてそれぞれの椅子を持ってパレードする第十中学校の生徒たち=東京都中野区で2018年3月23日午後1時2分、手塚耕一郎撮影
    閉校式を終え、第三中学校へ向けてそれぞれの椅子を持ってパレードする第十中学校の生徒たち=東京都中野区で2018年3月23日午後1時2分、手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 中野区立第十中学校の閉校式を終え、感謝のパレードを前に演奏を行った吹奏楽部の生徒たち。閉校式では作曲家を目指す門倉ひなたさん(2年)がブラスバンド用に譜面を起こした効果を演奏した。部長の國行七海(なつみ)さんは「人数の少なさを感じさせないような、わくわくさせる演奏が十中吹奏楽部の魅力。統合後は不安もあるけど、人数が増えて分厚いサウンドを奏でられるかな」=東京都中野区で2018年3月23日午後1時、手塚耕一郎撮影
    中野区立第十中学校の閉校式を終え、感謝のパレードを前に演奏を行った吹奏楽部の生徒たち。閉校式では作曲家を目指す門倉ひなたさん(2年)がブラスバンド用に譜面を起こした効果を演奏した。部長の國行七海(なつみ)さんは「人数の少なさを感じさせないような、わくわくさせる演奏が十中吹奏楽部の魅力。統合後は不安もあるけど、人数が増えて分厚いサウンドを奏でられるかな」=東京都中野区で2018年3月23日午後1時、手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 中野区立第十中学校の閉校式を終え、最後の給食を食べる生徒たち。「残さず食べよう」は「十中十カ条」の一つだ。2年の永谷郁太さんは「今日もめっちゃおいしいです」=東京都中野区で2018年3月23日午後0時27分、手塚耕一郎撮影
    中野区立第十中学校の閉校式を終え、最後の給食を食べる生徒たち。「残さず食べよう」は「十中十カ条」の一つだ。2年の永谷郁太さんは「今日もめっちゃおいしいです」=東京都中野区で2018年3月23日午後0時27分、手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 中野区立第十中学校の閉校式を終え、最後の給食を食べる生徒たち=東京都中野区で2018年3月23日午後0時29分、手塚耕一郎撮影
    中野区立第十中学校の閉校式を終え、最後の給食を食べる生徒たち=東京都中野区で2018年3月23日午後0時29分、手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 閉校式を終え、感謝のパレードを前に校庭に並ぶ中野区立第十中学校の生徒たち=東京都中野区の同校で2018年3月23日午後0時54分、手塚耕一郎撮影
    閉校式を終え、感謝のパレードを前に校庭に並ぶ中野区立第十中学校の生徒たち=東京都中野区の同校で2018年3月23日午後0時54分、手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 閉校式を終え、感謝のパレードを前に校庭に並ぶ中野区立第十中学校の生徒たち。左はパレードを発案した弓田豊校長=東京都中野区の同校で2018年3月23日午後0時56分、手塚耕一郎撮影
    閉校式を終え、感謝のパレードを前に校庭に並ぶ中野区立第十中学校の生徒たち。左はパレードを発案した弓田豊校長=東京都中野区の同校で2018年3月23日午後0時56分、手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 中野区立第十中学校の閉校式を終え、椅子を持って感謝のパレードに出発する生徒を見つめる大勢の人たち=東京都中野区で2018年3月23日午後1時1分、手塚耕一郎撮影
    中野区立第十中学校の閉校式を終え、椅子を持って感謝のパレードに出発する生徒を見つめる大勢の人たち=東京都中野区で2018年3月23日午後1時1分、手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 閉校式を終え、第三中学校へ向けてそれぞれの椅子を持ってパレードする第十中学校の生徒たち=東京都中野区で2018年3月23日午後1時2分、手塚耕一郎撮影
    閉校式を終え、第三中学校へ向けてそれぞれの椅子を持ってパレードする第十中学校の生徒たち=東京都中野区で2018年3月23日午後1時2分、手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 閉校式を終え、第三中学校へ向けてそれぞれの椅子を持ってパレードする第十中学校の生徒たち=東京都中野区で2018年3月23日午後1時5分、手塚耕一郎撮影
    閉校式を終え、第三中学校へ向けてそれぞれの椅子を持ってパレードする第十中学校の生徒たち=東京都中野区で2018年3月23日午後1時5分、手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 閉校式を終え、第三中学校へ向けてそれぞれの椅子を持ってパレードする第十中学校の生徒たち=東京都中野区で2018年3月23日午後1時5分、手塚耕一郎撮影
    閉校式を終え、第三中学校へ向けてそれぞれの椅子を持ってパレードする第十中学校の生徒たち=東京都中野区で2018年3月23日午後1時5分、手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 閉校式を終え、第三中学校へ向けて椅子を持ってパレードする第十中学校の生徒たち=東京都中野区で2018年3月23日午後1時23分、手塚耕一郎撮影
    閉校式を終え、第三中学校へ向けて椅子を持ってパレードする第十中学校の生徒たち=東京都中野区で2018年3月23日午後1時23分、手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 閉校式を終え、第三中学校へ向けてそれぞれの椅子を持ってパレードする第十中学校の生徒たち=東京都中野区で2018年3月23日午後1時16分、手塚耕一郎撮影
    閉校式を終え、第三中学校へ向けてそれぞれの椅子を持ってパレードする第十中学校の生徒たち=東京都中野区で2018年3月23日午後1時16分、手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 閉校式の朝早く、十中を訪れた中野区在住の女性。亡くなった夫が十中の第1期生で、「学校ができたときに椅子を持って引越しした」と思い出を語っていたという。息子2人も卒業生。「64年もの歴史があるんですよね」と校舎の写真を撮影していた
    閉校式の朝早く、十中を訪れた中野区在住の女性。亡くなった夫が十中の第1期生で、「学校ができたときに椅子を持って引越しした」と思い出を語っていたという。息子2人も卒業生。「64年もの歴史があるんですよね」と校舎の写真を撮影していた 記事本文を読む
  • 「涙もろいから、当日大丈夫かな……」。そう自身で心配していた弓田豊校長(右手前)。統合決定後の2015年に着任した。「絶対に寂しいだけの閉校にはさせない」とPTA、卒業生をはじめ地域ぐるみで盛り上げ、この日の生徒たちの笑顔につなげた。式辞では「閉校する学校の校長の“悲哀”はついに味わうことはありませんでした」。ただ、感謝の言葉を述べる段になると、やっぱり声を詰まらせた
    「涙もろいから、当日大丈夫かな……」。そう自身で心配していた弓田豊校長(右手前)。統合決定後の2015年に着任した。「絶対に寂しいだけの閉校にはさせない」とPTA、卒業生をはじめ地域ぐるみで盛り上げ、この日の生徒たちの笑顔につなげた。式辞では「閉校する学校の校長の“悲哀”はついに味わうことはありませんでした」。ただ、感謝の言葉を述べる段になると、やっぱり声を詰まらせた 記事本文を読む
  • 2006年、新入生が学校史上最少に落ち込んだ時に赴任した原美津子元校長(左奥)。当初は「左遷された」とまで思ったという。その後、「学校で何をしているのか見えるように」と地域を驚かせるようなアイデアを次々と繰り出し「こんないい学校、なくしちゃもったいない」という機運を生み出した。創立した和太鼓部の指導は離職後も続けている。同部部長の西田翔さん(2年)は、入学後の校内演奏を聞いて「心に響いて、感動した」と入部。自らも部員たちとそんな音を目指している
    2006年、新入生が学校史上最少に落ち込んだ時に赴任した原美津子元校長(左奥)。当初は「左遷された」とまで思ったという。その後、「学校で何をしているのか見えるように」と地域を驚かせるようなアイデアを次々と繰り出し「こんないい学校、なくしちゃもったいない」という機運を生み出した。創立した和太鼓部の指導は離職後も続けている。同部部長の西田翔さん(2年)は、入学後の校内演奏を聞いて「心に響いて、感動した」と入部。自らも部員たちとそんな音を目指している 記事本文を読む
  • 記念講演した川崎哲さんも卒業生。「英語は、中学校3年間で習う基礎がしっかりできていれば大丈夫。僕も十中時代に教わった文法でやり取りできている。海外に出かけなくても、身の回りの外国人と接することで『世界の中のあなた』を意識して」と呼びかけた。「戦争体験者や被爆者が存命のうちに、話を直接聞く努力を」とも力を込めた
    記念講演した川崎哲さんも卒業生。「英語は、中学校3年間で習う基礎がしっかりできていれば大丈夫。僕も十中時代に教わった文法でやり取りできている。海外に出かけなくても、身の回りの外国人と接することで『世界の中のあなた』を意識して」と呼びかけた。「戦争体験者や被爆者が存命のうちに、話を直接聞く努力を」とも力を込めた 記事本文を読む
  • 閉校式には様々な年代の十中卒業生が駆け付け、フィナーレを温かく見守った
    閉校式には様々な年代の十中卒業生が駆け付け、フィナーレを温かく見守った 記事本文を読む
  • 1年生の木城花菜(はな)さん(手前)は違う学区域在住。「十中は閉校すると知っていたけど、いい学校だと聞いたので書類を出し(て入学し)ました」
    1年生の木城花菜(はな)さん(手前)は違う学区域在住。「十中は閉校すると知っていたけど、いい学校だと聞いたので書類を出し(て入学し)ました」 記事本文を読む
  • 2年生の高木征人さん(手前)。「(校史の)64年が椅子につまっているみたいで、重くて疲れた」と笑い、「東中では最初の卒業生になる。後輩のことを気遣いながら、自分は(高校)受験を頑張りたい」
    2年生の高木征人さん(手前)。「(校史の)64年が椅子につまっているみたいで、重くて疲れた」と笑い、「東中では最初の卒業生になる。後輩のことを気遣いながら、自分は(高校)受験を頑張りたい」 記事本文を読む
  • パレードの帰り道には、卒業生の保護者が掲げた言葉も。先生たちも「ありがとうございます」と声をかけあうなど、沿道は感謝であふれた
    パレードの帰り道には、卒業生の保護者が掲げた言葉も。先生たちも「ありがとうございます」と声をかけあうなど、沿道は感謝であふれた 記事本文を読む
  • パレード後、教室での担任教諭と生徒とのやり取りを見守る辻成一郎副校長(手前)。「日々の生活をしっかりできる、明るくて元気な子供たち。統合後も胸を張っていってほしい」
    パレード後、教室での担任教諭と生徒とのやり取りを見守る辻成一郎副校長(手前)。「日々の生活をしっかりできる、明るくて元気な子供たち。統合後も胸を張っていってほしい」 記事本文を読む
  • 校舎内に掲示された「十中十カ条」。「当たり前のことをきちんとできる人間に」と、生徒と先生が一緒に作ったもの
    校舎内に掲示された「十中十カ条」。「当たり前のことをきちんとできる人間に」と、生徒と先生が一緒に作ったもの 記事本文を読む

あわせて読みたい

注目の特集