強制不妊手術

一斉提訴 「違憲」国に賠償請求 東京、仙台、札幌地裁

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
[2/8]
  • 旧優生保護法に基づき不妊手術を強制されたとして、提訴のため仙台地裁に入る原告女性と弁護士ら=仙台市青葉区で2018年5月17日午前10時37分、喜屋武真之介撮影
    旧優生保護法に基づき不妊手術を強制されたとして、提訴のため仙台地裁に入る原告女性と弁護士ら=仙台市青葉区で2018年5月17日午前10時37分、喜屋武真之介撮影 記事本文を読む
  • 旧優生保護法に基づき不妊手術を強制されたとして提訴し、記者会見で声を詰まらせながら思いを語る原告の女性=仙台市青葉区で2018年5月17日午前11時11分、喜屋武真之介撮影
    旧優生保護法に基づき不妊手術を強制されたとして提訴し、記者会見で声を詰まらせながら思いを語る原告の女性=仙台市青葉区で2018年5月17日午前11時11分、喜屋武真之介撮影 記事本文を読む
  • 旧優生保護法に基づく不妊手術を強制されたとして、提訴のため札幌地裁に入る原告の小島喜久夫さん(手前中央)ら=札幌市中央区で2018年5月17日午前11時20分、貝塚太一撮影
    旧優生保護法に基づく不妊手術を強制されたとして、提訴のため札幌地裁に入る原告の小島喜久夫さん(手前中央)ら=札幌市中央区で2018年5月17日午前11時20分、貝塚太一撮影 記事本文を読む
  • 旧優生保護法に基づく不妊手術を強制されたとして、提訴のため支援者に手を振りながら札幌地裁に入る原告の小島喜久夫さん(中央)=札幌市中央区で2018年5月17日午前11時21分、貝塚太一撮影
    旧優生保護法に基づく不妊手術を強制されたとして、提訴のため支援者に手を振りながら札幌地裁に入る原告の小島喜久夫さん(中央)=札幌市中央区で2018年5月17日午前11時21分、貝塚太一撮影 記事本文を読む
  • 旧優生保護法に基づく不妊手術を強制されたとして提訴し、記者会見で心情を語る小島喜久夫さん=札幌市中央区で2018年5月17日午後0時8分、貝塚太一撮影
    旧優生保護法に基づく不妊手術を強制されたとして提訴し、記者会見で心情を語る小島喜久夫さん=札幌市中央区で2018年5月17日午後0時8分、貝塚太一撮影 記事本文を読む
  • 旧優生保護法下における強制不妊手術に関して提訴するため、東京地裁に入る原告弁護団と支援者ら=東京都千代田区で2018年5月17日午前9時34分、藤井達也撮影
    旧優生保護法下における強制不妊手術に関して提訴するため、東京地裁に入る原告弁護団と支援者ら=東京都千代田区で2018年5月17日午前9時34分、藤井達也撮影 記事本文を読む
  • 旧優生保護法下に置ける強制不妊治療に関して提訴後、記者会見に臨む原告の男性=東京都千代田区で2018年5月17日午前10時2分、藤井達也撮影
    旧優生保護法下に置ける強制不妊治療に関して提訴後、記者会見に臨む原告の男性=東京都千代田区で2018年5月17日午前10時2分、藤井達也撮影 記事本文を読む
  • 旧優生保護法下における強制不妊手術に関して提訴後、記者会見を行う原告の男性(右手前)=東京都千代田区で2018年5月17日午前10時17分、藤井達也撮影
    旧優生保護法下における強制不妊手術に関して提訴後、記者会見を行う原告の男性(右手前)=東京都千代田区で2018年5月17日午前10時17分、藤井達也撮影 記事本文を読む

あわせて読みたい

ニュース特集