相馬野馬追

開幕 福島・浪江町で原発事故後初の出陣式

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
[1/5]
  • 留学中の英国から一時帰国して浪江町の野馬追に参加し、馬上で笑顔を見せる山本幸輝さん(中央)=福島県浪江町で2018年7月28日午前8時42分、喜屋武真之介撮影
    留学中の英国から一時帰国して浪江町の野馬追に参加し、馬上で笑顔を見せる山本幸輝さん(中央)=福島県浪江町で2018年7月28日午前8時42分、喜屋武真之介撮影 記事本文を読む
  • 8年ぶりに浪江町の街中を練り歩いた野馬追のお行列。街中は解体が進んで空き地が目立ち、荒れ果てた建物も未だに残っていた=福島県浪江町で2018年7月28日午前8時34分、喜屋武真之介撮影
    8年ぶりに浪江町の街中を練り歩いた野馬追のお行列。街中は解体が進んで空き地が目立ち、荒れ果てた建物も未だに残っていた=福島県浪江町で2018年7月28日午前8時34分、喜屋武真之介撮影 記事本文を読む
  • 荒れ果てた建物もいまだに残る町中を8年ぶりに練り歩く野馬追のお行列=福島県浪江町で2018年7月28日午前8時39分、喜屋武真之介撮影
    荒れ果てた建物もいまだに残る町中を8年ぶりに練り歩く野馬追のお行列=福島県浪江町で2018年7月28日午前8時39分、喜屋武真之介撮影 記事本文を読む
  • 8年ぶりに浪江町の街中を練り歩いた野馬追のお行列。街中は解体が進んで空き地が目立ち、荒れ果てた建物も未だに残っていた=福島県浪江町で2018年7月28日午前8時42分、喜屋武真之介撮影
    8年ぶりに浪江町の街中を練り歩いた野馬追のお行列。街中は解体が進んで空き地が目立ち、荒れ果てた建物も未だに残っていた=福島県浪江町で2018年7月28日午前8時42分、喜屋武真之介撮影 記事本文を読む
  • 8年ぶりに浪江町の街中を練り歩いた野馬追のお行列。街中は解体が進んで空き地が目立ち、荒れ果てた建物も未だに残っていた=福島県浪江町で2018年7月28日午前8時31分、喜屋武真之介撮影
    8年ぶりに浪江町の街中を練り歩いた野馬追のお行列。街中は解体が進んで空き地が目立ち、荒れ果てた建物も未だに残っていた=福島県浪江町で2018年7月28日午前8時31分、喜屋武真之介撮影 記事本文を読む

あわせて読みたい

注目の特集