View+

世界にひとつ オーダーメードでフライパン

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
[1/8]
  • 1951年に創業した藤田健次会長(中央)は98歳。長男・俊介さん(69・同左)が社長を務め、3人の孫も会社を支える=大阪府八尾市の「藤田金属」で、山田尚弘撮影
    1951年に創業した藤田健次会長(中央)は98歳。長男・俊介さん(69・同左)が社長を務め、3人の孫も会社を支える=大阪府八尾市の「藤田金属」で、山田尚弘撮影 記事本文を読む
  • 一つ一つ丁寧に、表面になじませた油の状態を確認していく=大阪府八尾市の「藤田金属」で、山田尚弘撮影
    一つ一つ丁寧に、表面になじませた油の状態を確認していく=大阪府八尾市の「藤田金属」で、山田尚弘撮影 記事本文を読む
  • 側面が薄く延ばされるなど、随所に職人の技が光る=大阪府八尾市の「藤田金属」で、山田尚弘撮影
    側面が薄く延ばされるなど、随所に職人の技が光る=大阪府八尾市の「藤田金属」で、山田尚弘撮影 記事本文を読む
  • 食材のこびりつきを防ぐため、約700度の熱で一つ一つ焼き入れ作業を行っている=大阪府八尾市の「藤田金属」で、山田尚弘撮影
    食材のこびりつきを防ぐため、約700度の熱で一つ一つ焼き入れ作業を行っている=大阪府八尾市の「藤田金属」で、山田尚弘撮影 記事本文を読む
  • 大きさは直径20~28センチ。大きさや材質、持ち手も自由に選べる=大阪府八尾市の「藤田金属」で、山田尚弘撮影
    大きさは直径20~28センチ。大きさや材質、持ち手も自由に選べる=大阪府八尾市の「藤田金属」で、山田尚弘撮影 記事本文を読む
  • 藤田金属のオーダーメードのフライパンを愛用する「鉄板バルMUGI」の内藤弘樹店長=大阪市中央区で、山田尚弘撮影
    藤田金属のオーダーメードのフライパンを愛用する「鉄板バルMUGI」の内藤弘樹店長=大阪市中央区で、山田尚弘撮影 記事本文を読む
  • 出来上がったフライパンを出荷前に丁寧に拭いてチェックする女性社員=大阪府八尾市の「藤田金属」で、山田尚弘撮影
    出来上がったフライパンを出荷前に丁寧に拭いてチェックする女性社員=大阪府八尾市の「藤田金属」で、山田尚弘撮影 記事本文を読む
  • 鉄の板(右)を丸く打ち抜き、職人の手が加わりフライパンの形になる=大阪府八尾市の「藤田金属」で、山田尚弘撮影
    鉄の板(右)を丸く打ち抜き、職人の手が加わりフライパンの形になる=大阪府八尾市の「藤田金属」で、山田尚弘撮影 記事本文を読む

あわせて読みたい

注目の特集