メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

心も温かく 子ども食堂

10枚目/11枚中

消費期限が迫った企業備蓄の非常食を子ども食堂に無償提供できないか、企業の担当者と話し合う「こども食堂支援機構」の秋山宏次郎代表(左)。大手IT企業の社員だが、17年から個人で活動。約10万食を、「みなと子ども食堂」など全国各地に橋渡しした。この日は、売り上げの一部が子ども食堂支援になる非常食の導入なども提案した=東京都千代田区で2018年9月20日、丸山博撮影

おすすめ記事

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  5. ウーバーイーツ、広島上陸 中国初、国内11カ所目 50カ国語に対応 /広島

編集部のオススメ記事

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです