メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

暴虐の傷痕

イラク・IS後 避難民キャンプ報告 希望の明かり探して

1枚目/7枚中

激戦地となり、多くの建物が破壊されたモスル旧市街。かろうじて原形をとどめた建物の1階で小さな飲食店が営まれ、子どもを抱いた男性らが談笑していた。街は至る所にがれきが散乱し、車やバイクが通るたびに粉じんが舞った=イラク・モスル旧市街で2018年8月10日、木葉健二撮影

おすすめ記事

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で421人が新たに感染 死者10人も確認 新型コロナ

  2. 「入院拒めば罰則」の感染症法改正案 抑止力か人権侵害か

  3. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです