縁起物

「亥」にちなんだ江戸凧作りが最盛期

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
[1/7]
  • 来年のえと「亥」にちなんだイノシシが描かれた和紙が並ぶ工房で、江戸凧制作を行う土岐幹男さん=千葉県長生村の凧工房ときで2018年11月15日、手塚耕一郎撮影
    来年のえと「亥」にちなんだイノシシが描かれた和紙が並ぶ工房で、江戸凧制作を行う土岐幹男さん=千葉県長生村の凧工房ときで2018年11月15日、手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 来年のえと「亥」にちなんだイノシシが描かれた和紙が並ぶ工房で、江戸凧制作を行う土岐幹男さん=千葉県長生村の凧工房ときで2018年11月15日、手塚耕一郎撮影
    来年のえと「亥」にちなんだイノシシが描かれた和紙が並ぶ工房で、江戸凧制作を行う土岐幹男さん=千葉県長生村の凧工房ときで2018年11月15日、手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 上空で音が鳴るように「うなり」を上部に取り付けた江戸凧を手にする土岐幹男さん=千葉県長生村の凧工房ときで2018年11月15日、手塚耕一郎撮影
    上空で音が鳴るように「うなり」を上部に取り付けた江戸凧を手にする土岐幹男さん=千葉県長生村の凧工房ときで2018年11月15日、手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 2年前に制作したという縦7尺、横4尺2寸の大型の江戸凧。裏の竹の骨を外し、丸めて持ち運ぶことができ、海外でも上げているという=千葉県長生村の凧工房ときで2018年11月15日、手塚耕一郎撮影
    2年前に制作したという縦7尺、横4尺2寸の大型の江戸凧。裏の竹の骨を外し、丸めて持ち運ぶことができ、海外でも上げているという=千葉県長生村の凧工房ときで2018年11月15日、手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 竹の骨を外していく様子。骨も折り曲げて短くできる=千葉県長生村の凧工房ときで2018年11月15日、手塚耕一郎撮影
    竹の骨を外していく様子。骨も折り曲げて短くできる=千葉県長生村の凧工房ときで2018年11月15日、手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 横の骨だけ残し、ビニールでカバーして丸めていく=千葉県長生村の凧工房ときで2018年11月15日、手塚耕一郎撮影
    横の骨だけ残し、ビニールでカバーして丸めていく=千葉県長生村の凧工房ときで2018年11月15日、手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 容易に持ち運べるように小さく収納した、縦7尺、横4尺2寸の江戸凧を持つ土岐幹男さん=千葉県長生村の凧工房ときで2018年11月15日、手塚耕一郎撮影
    容易に持ち運べるように小さく収納した、縦7尺、横4尺2寸の江戸凧を持つ土岐幹男さん=千葉県長生村の凧工房ときで2018年11月15日、手塚耕一郎撮影 記事本文を読む

あわせて読みたい

注目の特集