メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真特集

平成の記憶 地下鉄サリン、相模原障害者殺傷……社会に衝撃を与えた事件

3枚目/24枚中

<富士写真フイルム専務殺害事件>1994年2月28日、富士写真フイルム専務の鈴木順太郎さん(61)が東京都世田谷区の自宅玄関前で暴力団組員に刃物で刺され殺害された。93年8月には阪和銀行副頭取、小山友三郎さん(62)が和歌山市の自宅前で拳銃で撃たれ死亡した。94年9月には住友銀行名古屋支店長、畑中和文さん(54)が名古屋市の自宅マンション前で拳銃で撃たれて死亡。企業幹部を狙った殺人事件が相次いだ。写真は富士写真フイルム専務が刺された自宅周辺に駆けつけた多数の警察車両と付近を調べる捜査員たち=東京都世田谷区で1994年2月28日、山下浩一撮影

おすすめ記事

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです