メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真特集

平成の記憶 地下鉄サリン、相模原障害者殺傷……社会に衝撃を与えた事件

4枚目/24枚中

<地下鉄サリン事件>1995年3月20日、東京都の地下鉄日比谷線、千代田線、丸ノ内線の3路線5車両で猛毒のサリンがまかれる事件が発生。乗客が次々と倒れ、13人が死亡、約6300人が負傷した。化学物質を使用した史上最悪の無差別テロ事件はオウム真理教の犯行だった。警視庁は教団施設を一斉捜索するなど本格捜査に着手。松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚(2018年7月執行)を教祖とする教団の全容解明に着手した。写真は完全装備で営団地下鉄霞ヶ関駅構内に入る消防庁の化学機動隊=1995年3月20日撮影

おすすめ記事

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです