メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真特集

平成の記憶 地下鉄サリン、相模原障害者殺傷……社会に衝撃を与えた事件

7枚目/24枚中

<毒物カレー事件>1998年7月25日、和歌山市の自治会の夏祭りでカレーを食べた住民ら67人が中毒症状になり、4人が死亡した。カレーには猛毒の亜ヒ酸を混入したとして殺人罪などに問われた林真須美死刑囚は、公判では無罪を主張。判決は「具体的な動機は明らかにならなかった」としたうえで「未必的な殺意」を認定した。写真は、カレーライスや調理器具が残る事件発生直後の祭り会場のテント=1998年7月25日午後8時半すぎ

おすすめ記事

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

  5. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

編集部のオススメ記事

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです