メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

亡き子をしのぶ天使 大切な思い込め 岩手・陸前高田

1枚目/10枚中

写真立てに付けられた天使。その天使が持つのは、震災で大勢の人が犠牲となった市民会館のタイルだ。小松満喜子さん(56)が作り、同級生の戸羽初枝さん(57)に贈った。市職員だった戸羽さんの長男究さん(当時24歳)と杏さん(同23歳)は市民会館付近で波に飲まれた。小松さんも母(同72歳)を震災で亡くした。小松さんは「市民会館はたくさん思い出があった場所。みんなでこの悲しみと向き合いたい」。戸羽さんは「手元に何か残したいと持ち帰ったタイルが、こんな形になってありがたかった」。2人の写真を入れ、そばにいられるようにと居間に飾っている=岩手県陸前高田市で2019年2月、小川昌宏撮影"

おすすめ記事

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ

編集部のオススメ記事

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです