メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

亡き子をしのぶ天使 大切な思い込め 岩手・陸前高田

4枚目/10枚中

タレをからめて焼き鳥を焼く岩手県大槌町の小川勝子さん(78)。しょうゆベースのタレは、津波で亡くなった妹の阿部やす子さん(当時63歳)の店で親しまれた味だ。店を手伝っていた小川さんは頭に入っていたレシピで妹の味を再現。地震の約9カ月後に仮設店舗で復活させた。現在は移転準備を進めているが「妹のタレと一緒にやっていることで、生かされてきたという感じ。新しい店に移ってやっと私たちの復興がスタートするのよ」=2019年2月、和田大典撮影"

おすすめ記事

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  5. 戦争の不条理 獄中の嘆き 元陸軍大尉が手記「勝者が敗者裁く」

編集部のオススメ記事

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです