メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

福島第1原発事故 消えゆく、忘れ難き場所

1枚目/13枚中

解体に備え、母トミノさん(享年89歳)の車いすが残された自宅を片付ける居村久男さん(66)。トミノさんは2年前、新潟県の避難先で亡くなった。父(92)は神奈川県に避難し古里に戻る見通しは立っていないが、今も自宅の解体を拒んでいるという=福島県浪江町で2019年2月1日午後2時56分、喜屋武真之介撮影

おすすめ記事

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも
  2. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  3. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  4. 82歳暴行死「慕われていたお父ちゃんが…」憤る遺族
  5. 新皇后さまの横顔…動物、スポーツ好き

編集部のオススメ記事

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです