1日400万食「即席めん」製造 日清、22年ぶり新工場を公開

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
[2/7]
  • 1日最大400万食を製造する日清食品関西工場。玄関の車寄せは、上から見るとカップヌードルの蓋(ふた)になっている=滋賀県栗東市下鈎で2019年3月15日午後0時51分、礒野健一撮影
    1日最大400万食を製造する日清食品関西工場。玄関の車寄せは、上から見るとカップヌードルの蓋(ふた)になっている=滋賀県栗東市下鈎で2019年3月15日午後0時51分、礒野健一撮影 記事本文を読む
  • 工場入り口の屋根はカップヌードルの蓋(ふた)のデザインとなっており、見学コースの小窓から見ることができる=日清食品ホールディングス提供
    工場入り口の屋根はカップヌードルの蓋(ふた)のデザインとなっており、見学コースの小窓から見ることができる=日清食品ホールディングス提供 記事本文を読む
  • 12月に第3期工事が完了すれば、1日最大400万食が作られる製造ライン=滋賀県栗東市下鈎の日清食品関西工場で2019年3月15日午後1時28分、礒野健一撮影
    12月に第3期工事が完了すれば、1日最大400万食が作られる製造ライン=滋賀県栗東市下鈎の日清食品関西工場で2019年3月15日午後1時28分、礒野健一撮影 記事本文を読む
  • 薄く延ばした小麦粉の塊を麺の形に切りそろえる工程=滋賀県栗東市下鈎の日清食品関西工場で2019年3月15日午後1時19分、礒野健一撮影
    薄く延ばした小麦粉の塊を麺の形に切りそろえる工程=滋賀県栗東市下鈎の日清食品関西工場で2019年3月15日午後1時19分、礒野健一撮影 記事本文を読む
  • 麺の切り出しから商品の出荷まで、約200メートルの工場ラインを間近に見られる見学用通路=日清食品ホールディングス提供
    麺の切り出しから商品の出荷まで、約200メートルの工場ラインを間近に見られる見学用通路=日清食品ホールディングス提供 記事本文を読む
  • 4種のスープ、12種の具材を自由に組み合わせてオリジナルヌードルが作れる「マイカップヌードルファクトリー」=滋賀県栗東市下鈎の日清食品関西工場で2019年3月15日午後1時58分、礒野健一撮影
    4種のスープ、12種の具材を自由に組み合わせてオリジナルヌードルが作れる「マイカップヌードルファクトリー」=滋賀県栗東市下鈎の日清食品関西工場で2019年3月15日午後1時58分、礒野健一撮影 記事本文を読む
  • 玄関ロビーの「シールボード」。見学の記念に、商品やイメージキャラクターのシールを思い思いに貼ることができる=滋賀県栗東市下鈎の日清食品関西工場で2019年3月15日午後2時21分、礒野健一撮影
    玄関ロビーの「シールボード」。見学の記念に、商品やイメージキャラクターのシールを思い思いに貼ることができる=滋賀県栗東市下鈎の日清食品関西工場で2019年3月15日午後2時21分、礒野健一撮影 記事本文を読む

あわせて読みたい

注目の特集