ウィーン

長唄三味線とウィーンフィル奏者による演奏会 日本・オーストリア友好150周年記念

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
[2/3]
  • 三味線を弾く四世今藤長十郎さん(右から2人目)と共演するメゾ・ソプラノ歌手の日野妙果さん=ウィーンで2019年9月6日、マックス・バルナ-氏撮影
    三味線を弾く四世今藤長十郎さん(右から2人目)と共演するメゾ・ソプラノ歌手の日野妙果さん=ウィーンで2019年9月6日、マックス・バルナ-氏撮影 記事本文を読む
  • 長唄三味線を披露する四世今藤長十郎さん(中央)ら=ウィーンで2019年9月6日、三木幸治撮影
    長唄三味線を披露する四世今藤長十郎さん(中央)ら=ウィーンで2019年9月6日、三木幸治撮影 記事本文を読む
  • 共演する三味線の四世今藤長十郎さん(左)とウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のチェロ奏者、ヘーデンボルク直樹さん(右)=ウィーンで2019年9月6日、マックス・バルナー氏撮影
    共演する三味線の四世今藤長十郎さん(左)とウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のチェロ奏者、ヘーデンボルク直樹さん(右)=ウィーンで2019年9月6日、マックス・バルナー氏撮影 記事本文を読む

あわせて読みたい

注目の特集