台風19号 15日の様子 甚大被害明らかに

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
[1/37]
  • 道路が土砂崩れや陥没し、丸森町の町中へ行くことができず孤立している丸森町筆甫地区。女性2人が歩いて地区中心部を目指していた。女性たちによると水道は山から引いた水を地区では使っているので大丈夫だが、停電が続いているままで、電話も使えない」と話していた=宮城県丸森町で2019年10月15日午前9時5分、平川義之撮影
    道路が土砂崩れや陥没し、丸森町の町中へ行くことができず孤立している丸森町筆甫地区。女性2人が歩いて地区中心部を目指していた。女性たちによると水道は山から引いた水を地区では使っているので大丈夫だが、停電が続いているままで、電話も使えない」と話していた=宮城県丸森町で2019年10月15日午前9時5分、平川義之撮影 記事本文を読む
  • 道路が土砂崩れや陥没し、丸森町の町中へ行くことができず孤立している丸森町筆甫地区。女性2人が歩いて地区中心部を目指していた。女性たちによると水道は山から引いた水を地区では使っているので大丈夫だが、停電が続いているままで、電話も使えない」と話していた=宮城県丸森町で2019年10月15日午前9時6分、平川義之撮影
    道路が土砂崩れや陥没し、丸森町の町中へ行くことができず孤立している丸森町筆甫地区。女性2人が歩いて地区中心部を目指していた。女性たちによると水道は山から引いた水を地区では使っているので大丈夫だが、停電が続いているままで、電話も使えない」と話していた=宮城県丸森町で2019年10月15日午前9時6分、平川義之撮影 記事本文を読む
  • 台風19号の大雨により崩落した千曲川に掛かる田中橋。車が転落し、行方不明者が生じている=長野県東御市で2019年10月15日午前10時50分、手塚耕一郎撮影
    台風19号の大雨により崩落した千曲川に掛かる田中橋。車が転落し、行方不明者が生じている=長野県東御市で2019年10月15日午前10時50分、手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 市役所の一階が浸水し、朝から掃除をする職員ら=長野県飯山市で2019年10月15日午前9時32分、佐々木順一撮影
    市役所の一階が浸水し、朝から掃除をする職員ら=長野県飯山市で2019年10月15日午前9時32分、佐々木順一撮影 記事本文を読む
  • 市役所の一階が浸水し、仮設の総合案内窓口で対応する職員=長野県飯山市で2019年10月15日午前8時37分、佐々木順一撮影
    市役所の一階が浸水し、仮設の総合案内窓口で対応する職員=長野県飯山市で2019年10月15日午前8時37分、佐々木順一撮影 記事本文を読む
  • 一階が浸水し、市役所の机や床は茶色くなっていた=長野県飯山市で2019年10月15日午前8時13分、佐々木順一撮影
    一階が浸水し、市役所の机や床は茶色くなっていた=長野県飯山市で2019年10月15日午前8時13分、佐々木順一撮影 記事本文を読む
  • 台風19号による大雨で1階が浸水した飯山市役所の駐車場=長野県飯山市で2019年10月13日午後5時5分(飯山市役所提供)
    台風19号による大雨で1階が浸水した飯山市役所の駐車場=長野県飯山市で2019年10月13日午後5時5分(飯山市役所提供) 記事本文を読む
  • 台風19号による大雨で1階が浸水した飯山市役所=長野県飯山市で2019年10月13日午前11時45分(飯山市役所提供)
    台風19号による大雨で1階が浸水した飯山市役所=長野県飯山市で2019年10月13日午前11時45分(飯山市役所提供) 記事本文を読む
  • 千曲川の堤防が決壊して濁流が流れ込んだ住宅街で安否確認不明者の捜索をする自衛隊員。付近の庭からこの日朝に遺体が見つかったとの情報があり、一軒一軒捜索していた=長野市赤沼で2019年10月15日午前9時36分、丸山博撮影
    千曲川の堤防が決壊して濁流が流れ込んだ住宅街で安否確認不明者の捜索をする自衛隊員。付近の庭からこの日朝に遺体が見つかったとの情報があり、一軒一軒捜索していた=長野市赤沼で2019年10月15日午前9時36分、丸山博撮影 記事本文を読む
  • 千曲川の堤防が決壊して濁流が流れ込んだ住宅街で安否確認不明者の捜索をする自衛隊員。付近の庭からこの日朝に遺体が見つかったとの情報があり、一軒一軒捜索していた=長野市赤沼で2019年10月15日午前9時39分、丸山博撮影
    千曲川の堤防が決壊して濁流が流れ込んだ住宅街で安否確認不明者の捜索をする自衛隊員。付近の庭からこの日朝に遺体が見つかったとの情報があり、一軒一軒捜索していた=長野市赤沼で2019年10月15日午前9時39分、丸山博撮影 記事本文を読む
  • 台風19号の影響で浸水被害のあった地域では、休校となるなど再開のめどがたたない学校も。帝京安積高校では1階の職員室やホールは1メートルを超える高さまで水が達した。昨日から水がひきはじめたが、15日朝も流れ込んだ泥や水に覆われ、教員らが対応に追われていた。マーチングバンドの全国大会を控える吹奏楽部の練習場所だったホール内には壊れた楽器が散乱していた。黒岩堂明徳教頭は「しばらくは教員たちで掃除を続け、生徒たちを受け入れられるようにしたい。吹奏楽やサッカーなど大会を控えている部は練習に制約がでるかもしれないが、やれる範囲でがんばってもらうしかない」と話した=福島県郡山市で2019年10月15日午前9時7分、和田大典撮影
    台風19号の影響で浸水被害のあった地域では、休校となるなど再開のめどがたたない学校も。帝京安積高校では1階の職員室やホールは1メートルを超える高さまで水が達した。昨日から水がひきはじめたが、15日朝も流れ込んだ泥や水に覆われ、教員らが対応に追われていた。マーチングバンドの全国大会を控える吹奏楽部の練習場所だったホール内には壊れた楽器が散乱していた。黒岩堂明徳教頭は「しばらくは教員たちで掃除を続け、生徒たちを受け入れられるようにしたい。吹奏楽やサッカーなど大会を控えている部は練習に制約がでるかもしれないが、やれる範囲でがんばってもらうしかない」と話した=福島県郡山市で2019年10月15日午前9時7分、和田大典撮影 記事本文を読む
  • 台風19号の影響で浸水被害のあった地域では、休校となるなど再開のめどがたたない学校も。帝京安積高校では1階の職員室やホールは1メートルを超える高さまで水が達した。昨日から水がひきはじめたが、15日朝も流れ込んだ泥や水に覆われ、教員らが対応に追われていた。マーチングバンドの全国大会を控える吹奏楽部の練習場所だったホール内にも水が残り、楽器などが散乱していた。黒岩堂明徳教頭は「しばらくは教員たちで掃除を続け、生徒たちを受け入れられるようにしたい。吹奏楽やサッカーなど大会を控えている部は練習に制約がでるかもしれないが、やれる範囲でがんばって
    台風19号の影響で浸水被害のあった地域では、休校となるなど再開のめどがたたない学校も。帝京安積高校では1階の職員室やホールは1メートルを超える高さまで水が達した。昨日から水がひきはじめたが、15日朝も流れ込んだ泥や水に覆われ、教員らが対応に追われていた。マーチングバンドの全国大会を控える吹奏楽部の練習場所だったホール内にも水が残り、楽器などが散乱していた。黒岩堂明徳教頭は「しばらくは教員たちで掃除を続け、生徒たちを受け入れられるようにしたい。吹奏楽やサッカーなど大会を控えている部は練習に制約がでるかもしれないが、やれる範囲でがんばって 記事本文を読む
  • 台風19号の影響で浸水した帝京安積高校の1階廊下で動けなくなった魚=福島県郡山市で2019年10月15日午前8時56分、和田大典撮影
    台風19号の影響で浸水した帝京安積高校の1階廊下で動けなくなった魚=福島県郡山市で2019年10月15日午前8時56分、和田大典撮影 記事本文を読む
  • 台風19号の影響で浸水被害のあった地域では、休校となるなど再開のめどがたたない学校も。帝京安積高校では1階の職員室やホールは1メートルを超える高さまで水が達した。昨日から水がひきはじめたが、15日朝も流れ込んだ泥や水に覆われ、教員らが対応に追われていた。マーチングバンドの全国大会を控える吹奏楽部の練習場所だったホール内には楽器などが散乱していた。黒岩堂明徳教頭は「しばらくは教員たちで掃除を続け、生徒たちを受け入れられるようにしたい。吹奏楽やサッカーなど大会を控えている部は練習に制約がでるかもしれないが、やれる範囲でがんばってもらうしかない」と話した=福島県郡山市で2019年10月15日午前
    台風19号の影響で浸水被害のあった地域では、休校となるなど再開のめどがたたない学校も。帝京安積高校では1階の職員室やホールは1メートルを超える高さまで水が達した。昨日から水がひきはじめたが、15日朝も流れ込んだ泥や水に覆われ、教員らが対応に追われていた。マーチングバンドの全国大会を控える吹奏楽部の練習場所だったホール内には楽器などが散乱していた。黒岩堂明徳教頭は「しばらくは教員たちで掃除を続け、生徒たちを受け入れられるようにしたい。吹奏楽やサッカーなど大会を控えている部は練習に制約がでるかもしれないが、やれる範囲でがんばってもらうしかない」と話した=福島県郡山市で2019年10月15日午前 記事本文を読む
  • 千曲川の氾濫で被災した親戚の家の片付けをする男性=長野市で2019年10月15日午前10時16分、宮武祐希撮影
    千曲川の氾濫で被災した親戚の家の片付けをする男性=長野市で2019年10月15日午前10時16分、宮武祐希撮影 記事本文を読む
  • 千曲川の堤防が決壊して濁流が流れ込んだ住宅街で捨てられた冷蔵庫=長野市豊野町で2019年10月15日午前8時42分、丸山博撮影
    千曲川の堤防が決壊して濁流が流れ込んだ住宅街で捨てられた冷蔵庫=長野市豊野町で2019年10月15日午前8時42分、丸山博撮影 記事本文を読む
  • 千曲川の堤防が決壊して濁流が流れ込んだリンゴ畑=長野市穂保で2019年10月14日午後2時53分、丸山博撮影
    千曲川の堤防が決壊して濁流が流れ込んだリンゴ畑=長野市穂保で2019年10月14日午後2時53分、丸山博撮影 記事本文を読む
  • 1階に土砂などが大量に流れ込んだ自宅を見に戻ってきた夫婦。発災当時、2階で寝ていてものすごい音がしたという。「自宅近くの川が氾濫することは何度かあったがこんな被害を受けたのは初めて」=宮城県丸森町で2019年10月14日午後0時7分、平川義之撮影
    1階に土砂などが大量に流れ込んだ自宅を見に戻ってきた夫婦。発災当時、2階で寝ていてものすごい音がしたという。「自宅近くの川が氾濫することは何度かあったがこんな被害を受けたのは初めて」=宮城県丸森町で2019年10月14日午後0時7分、平川義之撮影 記事本文を読む
  • 千曲川の氾濫で被災した穂保地区の家の片付けをする被災者ら=長野市で2019年10月15日午後0時7分、宮武祐希撮影
    千曲川の氾濫で被災した穂保地区の家の片付けをする被災者ら=長野市で2019年10月15日午後0時7分、宮武祐希撮影 記事本文を読む
  • 宮城県丸森町廻倉地区の土砂崩れ現場で続く行方不明者の捜索活動=2019年10月15日午後、本社ヘリから
    宮城県丸森町廻倉地区の土砂崩れ現場で続く行方不明者の捜索活動=2019年10月15日午後、本社ヘリから 記事本文を読む
  • 千曲川の堤防が決壊して濁流が流れ込んだリンゴ畑=長野市穂保で2019年10月14日午後2時53分、丸山博撮影
    千曲川の堤防が決壊して濁流が流れ込んだリンゴ畑=長野市穂保で2019年10月14日午後2時53分、丸山博撮影 記事本文を読む
  • 千曲川の堤防が決壊し、浸水した長野新幹線車両センターで車両の状態を確認する作業員=長野市で2019年10月15日午後0時36分、佐々木順一撮影
    千曲川の堤防が決壊し、浸水した長野新幹線車両センターで車両の状態を確認する作業員=長野市で2019年10月15日午後0時36分、佐々木順一撮影 記事本文を読む
  • 台風19号の大雨で千曲川が決壊した場所のすぐ近くに建つ住宅。水の力で外壁は壊れ、室内は大人の背の高さまで浸水した。一人で暮らす吉村弘子さん(82)は、「避難先から自宅に戻って、あ然とした。涙も出なかった。まだ先の事は考えられない」と話し、駆けつけた親族と共に、泥出しの作業を続けた=長野市穂保で2019年10月15日午後3時28分、手塚耕一郎撮影
    台風19号の大雨で千曲川が決壊した場所のすぐ近くに建つ住宅。水の力で外壁は壊れ、室内は大人の背の高さまで浸水した。一人で暮らす吉村弘子さん(82)は、「避難先から自宅に戻って、あ然とした。涙も出なかった。まだ先の事は考えられない」と話し、駆けつけた親族と共に、泥出しの作業を続けた=長野市穂保で2019年10月15日午後3時28分、手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 台風19号の大雨で千曲川の左岸がえぐれ、上田電鉄別所線の鉄橋が崩落した場所で行われている復旧作業=長野県上田市で2019年10月15日午後0時27分、手塚耕一郎撮影
    台風19号の大雨で千曲川の左岸がえぐれ、上田電鉄別所線の鉄橋が崩落した場所で行われている復旧作業=長野県上田市で2019年10月15日午後0時27分、手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 台風19号の大雨で千曲川が決壊し、水没した地区で片付けに追われる住民ら=長野市穂保で2019年10月15日午後2時59分、手塚耕一郎撮影
    台風19号の大雨で千曲川が決壊し、水没した地区で片付けに追われる住民ら=長野市穂保で2019年10月15日午後2時59分、手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 浸水し道路が壊れた現場で安否不明者のものとみられるバイクが見つかり、重機で引き上げた警察官ら。その後付近を捜索した=福島県郡山市で2019年10月15日午後0時34分、和田大典撮影
    浸水し道路が壊れた現場で安否不明者のものとみられるバイクが見つかり、重機で引き上げた警察官ら。その後付近を捜索した=福島県郡山市で2019年10月15日午後0時34分、和田大典撮影 記事本文を読む
  • 浸水し道路が壊れた現場で水がひきはじめ、安否不明者のものとみられるバイクが見つかり、付近を捜索する警察官ら=福島県郡山市で2019年10月15日午後1時16分、和田大典撮影
    浸水し道路が壊れた現場で水がひきはじめ、安否不明者のものとみられるバイクが見つかり、付近を捜索する警察官ら=福島県郡山市で2019年10月15日午後1時16分、和田大典撮影 記事本文を読む
  • 台風19号の大雨で千曲川が決壊した場所に近い住宅地。千曲川決壊時の想定浸水深が表示された電柱はへし折られていた=長野市穂保で2019年10月15日午後3時18分、手塚耕一郎撮影
    台風19号の大雨で千曲川が決壊した場所に近い住宅地。千曲川決壊時の想定浸水深が表示された電柱はへし折られていた=長野市穂保で2019年10月15日午後3時18分、手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 台風19号の大雨で千曲川が決壊した場所に近く、水流で電柱が倒れるなど大きな被害が生じた住宅地=長野市穂保で2019年10月15日午後3時40分、手塚耕一郎撮影
    台風19号の大雨で千曲川が決壊した場所に近く、水流で電柱が倒れるなど大きな被害が生じた住宅地=長野市穂保で2019年10月15日午後3時40分、手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 千曲川の氾濫で水に浸かり、廃棄処分となった特産品のリンゴ=長野市で2019年10月15日午後4時49分、宮武祐希撮影
    千曲川の氾濫で水に浸かり、廃棄処分となった特産品のリンゴ=長野市で2019年10月15日午後4時49分、宮武祐希撮影 記事本文を読む
  • 千曲川の氾濫で流され、地面に落ちたままのリンゴ=長野市で2019年10月15日、宮武祐希撮影
    千曲川の氾濫で流され、地面に落ちたままのリンゴ=長野市で2019年10月15日、宮武祐希撮影 記事本文を読む
  • 千曲川の堤防が決壊して濁流が押し寄せたレストランの掃除をする人たち。地域活性化を目指して4年前にオープンし、ステージでコンサートを開くなど、住民に親しまれていた。パン工房の機械を2週間前に5000万円かけて新調したばかりだったという。関幸博社長は(68)は「再起して、さらに良いものを作ろう」と従業員に呼びかけた=長野市穂保で2019年10月15日午後1時35分、丸山博撮影
    千曲川の堤防が決壊して濁流が押し寄せたレストランの掃除をする人たち。地域活性化を目指して4年前にオープンし、ステージでコンサートを開くなど、住民に親しまれていた。パン工房の機械を2週間前に5000万円かけて新調したばかりだったという。関幸博社長は(68)は「再起して、さらに良いものを作ろう」と従業員に呼びかけた=長野市穂保で2019年10月15日午後1時35分、丸山博撮影 記事本文を読む
  • 闇に浮かび上がる被災した家屋。中央奥は決壊した千曲川の堤防=長野市で2019年10月15日午後5時39分、宮武祐希撮影
    闇に浮かび上がる被災した家屋。中央奥は決壊した千曲川の堤防=長野市で2019年10月15日午後5時39分、宮武祐希撮影 記事本文を読む
  • 台風19号による千曲川の決壊で被災し、避難所で中学生らと遊ぶ女の子=長野市三才の北部スポーツ・レクリエーションパークで2019年10月15日午後5時53分、手塚耕一郎撮影
    台風19号による千曲川の決壊で被災し、避難所で中学生らと遊ぶ女の子=長野市三才の北部スポーツ・レクリエーションパークで2019年10月15日午後5時53分、手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 千曲川の氾濫で被災した親戚の家の片付けをする男性=長野市で2019年10月15日午前10時15分、宮武祐希撮影
    千曲川の氾濫で被災した親戚の家の片付けをする男性=長野市で2019年10月15日午前10時15分、宮武祐希撮影 記事本文を読む
  • 台風19号の影響で土砂崩れや道路が陥没するなどした丸森町筆甫地区では地区全体で停電が続く。大橋利徳さん(右端)の自宅では13日夜から停電し、水道も翌14日から使えなくなったという。夜間、家の中ではろうそくや懐中電灯の明かりで過ごしている。大橋さんは「冷蔵庫の中身が心配。丸森町中心部への道路が通れず、食料は福島県から調達している。早く復旧してほしい」と話していた。一方、同地区では15日午後、携帯電話の通信が改善され、電話したりできるようになった=宮城県丸森町で2019年10月15日午後5時48分、平川義之撮影
    台風19号の影響で土砂崩れや道路が陥没するなどした丸森町筆甫地区では地区全体で停電が続く。大橋利徳さん(右端)の自宅では13日夜から停電し、水道も翌14日から使えなくなったという。夜間、家の中ではろうそくや懐中電灯の明かりで過ごしている。大橋さんは「冷蔵庫の中身が心配。丸森町中心部への道路が通れず、食料は福島県から調達している。早く復旧してほしい」と話していた。一方、同地区では15日午後、携帯電話の通信が改善され、電話したりできるようになった=宮城県丸森町で2019年10月15日午後5時48分、平川義之撮影 記事本文を読む
  • 宮城県丸森町中心部への道が断たれ孤立した集落では、上空から見えるように枝などを使って「水 食料」の文字が書かれていた=同町で10月15日午後0時32分、本社ヘリから
    宮城県丸森町中心部への道が断たれ孤立した集落では、上空から見えるように枝などを使って「水 食料」の文字が書かれていた=同町で10月15日午後0時32分、本社ヘリから 記事本文を読む

あわせて読みたい

注目の特集