メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「温かいご飯で元気を」給食炊き出しに吉野家など協力 台風19号被害の宮城・丸森

3枚目/7枚中

給食で提供された牛丼を食べる丸森中学校の生徒たち。台風19号の洪水被害で断水が続いているため、給食は今でもパック入りの牛乳とパン一つずつ。「温かいご飯を食べさせてあげたい」と丸森町商工会から要望を受けた吉野家が無料提供した。自宅が断水していてレトルト食品中心の食事をしているという1年生の八巻顕成さん(13)は「熱々のご飯が食べられて幸せです」とほおばり、真っ先に食べ終えていた=宮城県丸森町の丸森中学校で2019年10月28日午後0時47分、丸山博撮影

おすすめ記事

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  5. 「笑点」公開収録を当面中止 新型コロナ感染拡大影響で 日本テレビが発表

編集部のオススメ記事

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです