反戦画家・四国五郎の原点 被爆死した弟の日記からたどる 広島・平和祈念館で企画展

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
[1/4]
  • 弟直登の日記。8月6日には大きな文字で「広島大空襲さる 記憶せよ!」と書いた=遺族提供
    弟直登の日記。8月6日には大きな文字で「広島大空襲さる 記憶せよ!」と書いた=遺族提供
  • 四国五郎作「写生する兄弟」(1996年)。若くして逝った弟と、年老いた自身を描いた=遺族提供
    四国五郎作「写生する兄弟」(1996年)。若くして逝った弟と、年老いた自身を描いた=遺族提供
  • 兄の五郎(右)と直登=遺族提供
    兄の五郎(右)と直登=遺族提供
  • スタジオで兄弟の対話を収録する木内みどりさん。この2日後に急逝した=2019年11月16日撮影(国立広島原爆死没者追悼平和祈念館提供)
    スタジオで兄弟の対話を収録する木内みどりさん。この2日後に急逝した=2019年11月16日撮影(国立広島原爆死没者追悼平和祈念館提供)
  • 弟直登の日記。8月6日には大きな文字で「広島大空襲さる 記憶せよ!」と書いた=遺族提供
  • 四国五郎作「写生する兄弟」(1996年)。若くして逝った弟と、年老いた自身を描いた=遺族提供
  • 兄の五郎(右)と直登=遺族提供
  • スタジオで兄弟の対話を収録する木内みどりさん。この2日後に急逝した=2019年11月16日撮影(国立広島原爆死没者追悼平和祈念館提供)

あわせて読みたい

ニュース特集