10年間負けなしのリネールを破った歴史的「内股すかし」 篠原さん“誤審”因縁の技

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
[3/3]
  • シドニー五輪男子100キロ超級決勝で、ドイエ(右)の内股を篠原が内股すかしで切り返したかのように見えたが、ドイエの有効と判定された=中村琢磨撮影
    シドニー五輪男子100キロ超級決勝で、ドイエ(右)の内股を篠原が内股すかしで切り返したかのように見えたが、ドイエの有効と判定された=中村琢磨撮影 記事本文を読む
  • シドニー五輪柔道男子100キロ超級決勝で篠原(右)は内股すかしでドイエの背中を畳につけガッツポーズするが…=シドニー展示場ホールで2000年9月22日、川田雅浩撮影
    シドニー五輪柔道男子100キロ超級決勝で篠原(右)は内股すかしでドイエの背中を畳につけガッツポーズするが…=シドニー展示場ホールで2000年9月22日、川田雅浩撮影 記事本文を読む
  • 影浦がリネールを破った技「内股すかし」の国内大会での実例。手前の選手が右脚で内股を仕掛けたところ、奥の選手がそのはね上げてきた右脚をかわして、相手の勢いを利用して前方に転がす=2005年の第7回全日本学生体重別団体優勝大会で、幾島健太郎撮影
    影浦がリネールを破った技「内股すかし」の国内大会での実例。手前の選手が右脚で内股を仕掛けたところ、奥の選手がそのはね上げてきた右脚をかわして、相手の勢いを利用して前方に転がす=2005年の第7回全日本学生体重別団体優勝大会で、幾島健太郎撮影 記事本文を読む

あわせて読みたい

注目の特集