三陸鉄道リアス線の列車で運ばれる「復興の火」 岩手・釜石

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
[3/16]
  • 「復興の火」として展示するため三陸鉄道リアス線の列車で運ばれる東京オリンピックの聖火。車窓から建設中の防潮堤の向こうに「ひょっこりひょうたん島」のモデルとなった蓬莱島が見えた=岩手県大槌町で2020年3月22日午前10時10分、和田大典撮影
    「復興の火」として展示するため三陸鉄道リアス線の列車で運ばれる東京オリンピックの聖火。車窓から建設中の防潮堤の向こうに「ひょっこりひょうたん島」のモデルとなった蓬莱島が見えた=岩手県大槌町で2020年3月22日午前10時10分、和田大典撮影 記事本文を読む
  • 三陸鉄道リアス線の列車で運ばれる「復興の火」=岩手県釜石市で2020年3月22日午前10時46分、和田大典撮影
    三陸鉄道リアス線の列車で運ばれる「復興の火」=岩手県釜石市で2020年3月22日午前10時46分、和田大典撮影 記事本文を読む
  • 「復興の火」として展示するため三陸鉄道リアス線の列車で運ばれる東京オリンピックの聖火=岩手県大槌町で2020年3月22日午前10時11分、和田大典撮影
    「復興の火」として展示するため三陸鉄道リアス線の列車で運ばれる東京オリンピックの聖火=岩手県大槌町で2020年3月22日午前10時11分、和田大典撮影 記事本文を読む
  • 宮古駅前で東京オリンピックの聖火を「復興の火」として聖火皿に点火する式典で、東日本大震災の犠牲者を悼み黙とうする地元住民たち。新型コロナウイルス対策として、並ぶ人同士の間隔を保つため地面にテープが貼られた=岩手県宮古市で2020年3月22日午前8時、和田大典撮影
    宮古駅前で東京オリンピックの聖火を「復興の火」として聖火皿に点火する式典で、東日本大震災の犠牲者を悼み黙とうする地元住民たち。新型コロナウイルス対策として、並ぶ人同士の間隔を保つため地面にテープが貼られた=岩手県宮古市で2020年3月22日午前8時、和田大典撮影 記事本文を読む
  • 宮古駅前で東京オリンピックの聖火を「復興の火」として聖火皿に点火する式典で、東日本大震災の犠牲者を悼み黙とうする人たち=岩手県宮古市で2020年3月22日午前8時1分、和田大典撮影
    宮古駅前で東京オリンピックの聖火を「復興の火」として聖火皿に点火する式典で、東日本大震災の犠牲者を悼み黙とうする人たち=岩手県宮古市で2020年3月22日午前8時1分、和田大典撮影 記事本文を読む
  • 「復興の火」として聖火皿に点火された東京オリンピックの聖火(奥)を見るため並ぶ人たちの足もとには、新型コロナウイルスの世界的流行をうけ、人どうしの間隔をあけるため目安のテープが貼られた=岩手県宮古市で2020年3月22日午前8時31分、和田大典撮影
    「復興の火」として聖火皿に点火された東京オリンピックの聖火(奥)を見るため並ぶ人たちの足もとには、新型コロナウイルスの世界的流行をうけ、人どうしの間隔をあけるため目安のテープが貼られた=岩手県宮古市で2020年3月22日午前8時31分、和田大典撮影 記事本文を読む
  • 「復興の火」を乗せて釜石駅を出るSL銀河に向かって大漁旗を振る地元の人々=岩手県釜石市で2020年3月22日午後1時1分、和田大典撮影
    「復興の火」を乗せて釜石駅を出るSL銀河に向かって大漁旗を振る地元の人々=岩手県釜石市で2020年3月22日午後1時1分、和田大典撮影 記事本文を読む
  • 三陸鉄道リアス線の沿線で、「復興の火」として展示するため東京オリンピックの聖火を運ぶ列車に向かって、大漁旗を振り歓迎する人たち=岩手県山田町で2020年3月22日午前9時21分、和田大典撮影
    三陸鉄道リアス線の沿線で、「復興の火」として展示するため東京オリンピックの聖火を運ぶ列車に向かって、大漁旗を振り歓迎する人たち=岩手県山田町で2020年3月22日午前9時21分、和田大典撮影 記事本文を読む
  • 東京オリンピックの聖火を「復興の火」として聖火皿に点火し、笑顔を見せる岩手県の達増拓也知事(中央)=岩手県宮古市で2020年3月22日午前8時8分、和田大典撮影
    東京オリンピックの聖火を「復興の火」として聖火皿に点火し、笑顔を見せる岩手県の達増拓也知事(中央)=岩手県宮古市で2020年3月22日午前8時8分、和田大典撮影 記事本文を読む
  • 釜石駅前で間隔をあけて並び、「復興の火」として展示される東京オリンピックの聖火のランタンを順番に撮影する家族連れ=岩手県釜石市で2020年3月22日午後0時28分、和田大典撮影
    釜石駅前で間隔をあけて並び、「復興の火」として展示される東京オリンピックの聖火のランタンを順番に撮影する家族連れ=岩手県釜石市で2020年3月22日午後0時28分、和田大典撮影 記事本文を読む
  • 「復興の火」として遠野駅前に展示された東京オリンピックの聖火(奥)を見るため列をなす人たち。新型コロナウイルスの世界的流行をうけ、間隔をあけて並ぶよう呼びかけられ、スタッフが見物客の手に消毒液をかけた=岩手県遠野市で2020年3月22日午後3時26分、和田大典撮影
    「復興の火」として遠野駅前に展示された東京オリンピックの聖火(奥)を見るため列をなす人たち。新型コロナウイルスの世界的流行をうけ、間隔をあけて並ぶよう呼びかけられ、スタッフが見物客の手に消毒液をかけた=岩手県遠野市で2020年3月22日午後3時26分、和田大典撮影 記事本文を読む
  • 「復興の火」のランタンを乗せ、遠野駅を出て花巻市へ向かうSL銀河=岩手県遠野市で2020年3月22日午後3時50分、和田大典撮影
    「復興の火」のランタンを乗せ、遠野駅を出て花巻市へ向かうSL銀河=岩手県遠野市で2020年3月22日午後3時50分、和田大典撮影 記事本文を読む
  • 花巻駅近くで「復興の火」として展示された東京オリンピックの聖火(奥)。新型コロナウイルスの世界的流行をうけ、間隔をあけて並ぶよう呼びかけられた=岩手県花巻市で2020年3月22日午後5時42分、和田大典撮影
    花巻駅近くで「復興の火」として展示された東京オリンピックの聖火(奥)。新型コロナウイルスの世界的流行をうけ、間隔をあけて並ぶよう呼びかけられた=岩手県花巻市で2020年3月22日午後5時42分、和田大典撮影 記事本文を読む
  • 花巻駅近くで「復興の火」として展示される東京オリンピックの聖火=岩手県花巻市で2020年3月22日午後6時13分、和田大典撮影
    花巻駅近くで「復興の火」として展示される東京オリンピックの聖火=岩手県花巻市で2020年3月22日午後6時13分、和田大典撮影 記事本文を読む
  • 三陸鉄道リアス線の沿線で、「復興の火」として展示するため東京オリンピックの聖火を運ぶ列車に向かって手を振る人=岩手県大槌町で2020年3月22日午前10時41分、和田大典撮影
    三陸鉄道リアス線の沿線で、「復興の火」として展示するため東京オリンピックの聖火を運ぶ列車に向かって手を振る人=岩手県大槌町で2020年3月22日午前10時41分、和田大典撮影 記事本文を読む
  • 三陸鉄道リアス線の沿線で、「復興の火」として展示するため東京オリンピックの聖火を運ぶ列車を見つめる人=岩手県大槌町で2020年3月22日午前10時41分、和田大典撮影
    三陸鉄道リアス線の沿線で、「復興の火」として展示するため東京オリンピックの聖火を運ぶ列車を見つめる人=岩手県大槌町で2020年3月22日午前10時41分、和田大典撮影 記事本文を読む

あわせて読みたい

注目の特集