福島駅前で「復興の火」として展示される東京オリンピックの聖火

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
[2/8]
  • 福島駅前で「復興の火」として展示される東京オリンピックの聖火を見るため並び、東日本大震災の犠牲者を悼み黙とうする人たち。新型コロナウイルスの世界的流行をうけ、間隔をあけて並ぶよう促され、入り口で消毒とマスク着用が呼びかけられた=福島市で2020年3月24日午後2時33分、和田大典撮影
    福島駅前で「復興の火」として展示される東京オリンピックの聖火を見るため並び、東日本大震災の犠牲者を悼み黙とうする人たち。新型コロナウイルスの世界的流行をうけ、間隔をあけて並ぶよう促され、入り口で消毒とマスク着用が呼びかけられた=福島市で2020年3月24日午後2時33分、和田大典撮影 記事本文を読む
  • 福島駅前で「復興の火」として展示するため聖火皿にともされる東京オリンピックの聖火=福島市で2020年3月24日午後2時48分、和田大典撮影
    福島駅前で「復興の火」として展示するため聖火皿にともされる東京オリンピックの聖火=福島市で2020年3月24日午後2時48分、和田大典撮影 記事本文を読む
  • 福島駅前で「復興の火」として展示される東京オリンピックの聖火を背に記念撮影する家族連れ。新型コロナウイルスの世界的流行をうけて、マスクの着用や入り口での消毒が呼びかけられた。聖火の前での時間は15秒に限られ、間隔をあけて列をなす人たちが次々に写真を撮っていった=福島市で2020年3月24日午後3時40分、和田大典撮影
    福島駅前で「復興の火」として展示される東京オリンピックの聖火を背に記念撮影する家族連れ。新型コロナウイルスの世界的流行をうけて、マスクの着用や入り口での消毒が呼びかけられた。聖火の前での時間は15秒に限られ、間隔をあけて列をなす人たちが次々に写真を撮っていった=福島市で2020年3月24日午後3時40分、和田大典撮影 記事本文を読む
  • 福島駅前で「復興の火」として東京オリンピックの聖火が展示される会場の受付で検温を受ける報道陣=福島市で2020年3月24日午後1時16分、和田大典撮影
    福島駅前で「復興の火」として東京オリンピックの聖火が展示される会場の受付で検温を受ける報道陣=福島市で2020年3月24日午後1時16分、和田大典撮影 記事本文を読む
  • 福島駅前で「復興の火」としての展示された東京オリンピックの聖火=福島市で2020年3月24日午後2時49分、和田大典撮影
    福島駅前で「復興の火」としての展示された東京オリンピックの聖火=福島市で2020年3月24日午後2時49分、和田大典撮影 記事本文を読む
  • 福島駅前で「復興の火」として展示される東京オリンピックの聖火を見物する人たち=福島市で2020年3月24日午後3時2分、和田大典撮影
    福島駅前で「復興の火」として展示される東京オリンピックの聖火を見物する人たち=福島市で2020年3月24日午後3時2分、和田大典撮影 記事本文を読む
  • 福島駅前で「復興の火」としての展示が終わり、ランタンに納火された東京オリンピックの聖火=福島市で2020年3月24日午後5時1分、和田大典撮影
    福島駅前で「復興の火」としての展示が終わり、ランタンに納火された東京オリンピックの聖火=福島市で2020年3月24日午後5時1分、和田大典撮影 記事本文を読む
  • 雪が舞う中、福島駅前で「復興の火」として展示される東京オリンピックの聖火を見物する人たち。新型コロナウイルスの世界的流行をうけて、マスクの着用や入り口での消毒が呼びかけられた。聖火の前での時間は15秒に限られ、間隔をあけて列をなす人たちが次々に写真を撮っていった=福島市で2020年3月24日午後3時13分、和田大典撮影
    雪が舞う中、福島駅前で「復興の火」として展示される東京オリンピックの聖火を見物する人たち。新型コロナウイルスの世界的流行をうけて、マスクの着用や入り口での消毒が呼びかけられた。聖火の前での時間は15秒に限られ、間隔をあけて列をなす人たちが次々に写真を撮っていった=福島市で2020年3月24日午後3時13分、和田大典撮影 記事本文を読む

あわせて読みたい

注目の特集