明日へ・ 新型コロナ

発熱患者を拒まない町医者 感染対策徹底「早く病気から解放してあげたい」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
[5/6]
  • 新型コロナウイルス感染防止のため防護服やフェイスシールドを着用して診察する、あゆみクリニックの藤川万規子院長=埼玉県春日部市で2020年4月25日、宮間俊樹撮影
    新型コロナウイルス感染防止のため防護服やフェイスシールドを着用して診察する、あゆみクリニックの藤川万規子院長=埼玉県春日部市で2020年4月25日、宮間俊樹撮影 記事本文を読む
  • 新型コロナウイルス感染防止のため防護服やフェイスシールドを着用して診察する、あゆみクリニックの藤川万規子院長。診察の合間に届いた差し入れに笑顔を見せた=埼玉県春日部市で2020年4月25日、宮間俊樹撮影
    新型コロナウイルス感染防止のため防護服やフェイスシールドを着用して診察する、あゆみクリニックの藤川万規子院長。診察の合間に届いた差し入れに笑顔を見せた=埼玉県春日部市で2020年4月25日、宮間俊樹撮影 記事本文を読む
  • 新型コロナウイルス感染防止のため防護服やフェイスシールドを着用して診察する、あゆみクリニックの藤川万規子院長(左)=埼玉県春日部市で2020年4月25日、宮間俊樹撮影
    新型コロナウイルス感染防止のため防護服やフェイスシールドを着用して診察する、あゆみクリニックの藤川万規子院長(左)=埼玉県春日部市で2020年4月25日、宮間俊樹撮影 記事本文を読む
  • 新型コロナウイルス感染防止のため防護服やフェイスシールドを着用して診察する、あゆみクリニックの藤川万規子院長。屋外に設置したテント内でPCR検査も実施している=埼玉県春日部市で2020年4月25日、宮間俊樹撮影
    新型コロナウイルス感染防止のため防護服やフェイスシールドを着用して診察する、あゆみクリニックの藤川万規子院長。屋外に設置したテント内でPCR検査も実施している=埼玉県春日部市で2020年4月25日、宮間俊樹撮影 記事本文を読む
  • 診察を終えて防護服などを脱ぐ、あゆみクリニックの藤川万規子院長=埼玉県春日部市で2020年4月25日、宮間俊樹撮影
    診察を終えて防護服などを脱ぐ、あゆみクリニックの藤川万規子院長=埼玉県春日部市で2020年4月25日、宮間俊樹撮影 記事本文を読む
  • 支援物資として防護服や消毒液などを届けに訪れた夫妻に頭を下げて見送るあゆみクリニックのスタッフ=埼玉県春日部市で2020年4月25日、宮間俊樹撮影
    支援物資として防護服や消毒液などを届けに訪れた夫妻に頭を下げて見送るあゆみクリニックのスタッフ=埼玉県春日部市で2020年4月25日、宮間俊樹撮影 記事本文を読む

あわせて読みたい

注目の特集