新型コロナ

浜辺にくっきりソーシャルディスタンス 感染防止で海水浴 工夫あれこれ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
[1/4]
  • 社会的距離を保つため、くいとロープでマス目が設けられた御浜海水浴場で、海水浴を楽しむ人たち=静岡県沼津市で2020年8月13日午後2時26分、本社ヘリから幾島健太郎撮影
    社会的距離を保つため、くいとロープでマス目が設けられた御浜海水浴場で、海水浴を楽しむ人たち=静岡県沼津市で2020年8月13日午後2時26分、本社ヘリから幾島健太郎撮影 記事本文を読む
  • 多くの海水浴客が訪れた白浜大浜海水浴場。4メートル四方の枠が用意され社会的距離を保つ工夫がされている=静岡県下田市で2020年8月13日午後2時8分、本社ヘリから幾島健太郎撮影
    多くの海水浴客が訪れた白浜大浜海水浴場。4メートル四方の枠が用意され社会的距離を保つ工夫がされている=静岡県下田市で2020年8月13日午後2時8分、本社ヘリから幾島健太郎撮影 記事本文を読む
  • 新型コロナウイルス対策として砂浜にくいを打ち、ロープでマスをつくって海水浴客の距離を保つ対策をとる御浜海水浴場=静岡県沼津市で2020年8月13日午後2時31分、本社ヘリから幾島健太郎撮影
    新型コロナウイルス対策として砂浜にくいを打ち、ロープでマスをつくって海水浴客の距離を保つ対策をとる御浜海水浴場=静岡県沼津市で2020年8月13日午後2時31分、本社ヘリから幾島健太郎撮影 記事本文を読む
  • 多くの海水浴客が訪れた白浜大浜海水浴場。4メートル四方の枠が用意され社会的距離を保つ工夫がされている=静岡県下田市で2020年8月13日午後2時6分、本社ヘリから幾島健太郎撮影
    多くの海水浴客が訪れた白浜大浜海水浴場。4メートル四方の枠が用意され社会的距離を保つ工夫がされている=静岡県下田市で2020年8月13日午後2時6分、本社ヘリから幾島健太郎撮影 記事本文を読む

あわせて読みたい

関連記事

ニュース特集