「心の故郷、取り戻そう」千曲川決壊1年を前に「追悼と復興のつどい」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
[2/7]
  • 2019年の台風19号で決壊し、修復された千曲川の堤防で風船を飛ばす「追悼と復興のつどい」の参加者たち=長野市穂保で2020年10月11日午前11時20分、滝川大貴撮影
    2019年の台風19号で決壊し、修復された千曲川の堤防で風船を飛ばす「追悼と復興のつどい」の参加者たち=長野市穂保で2020年10月11日午前11時20分、滝川大貴撮影 記事本文を読む
  • 黙とうする「追悼と復興のつどい」の参加者たち=長野市穂保で2020年10月11日午前10時15分、滝川大貴撮影
    黙とうする「追悼と復興のつどい」の参加者たち=長野市穂保で2020年10月11日午前10時15分、滝川大貴撮影 記事本文を読む
  • 黙とうする「追悼と復興のつどい」の参加者たち=長野市穂保で2020年10月11日午前10時13分、滝川大貴撮影
    黙とうする「追悼と復興のつどい」の参加者たち=長野市穂保で2020年10月11日午前10時13分、滝川大貴撮影 記事本文を読む
  • 「追悼と復興のつどい」の冒頭で津波に流された「奇跡の太鼓」などを使って演奏する長沼こまち太鼓のメンバーたち=長野市穂保で2020年10月11日午前10時3分、滝川大貴撮影
    「追悼と復興のつどい」の冒頭で津波に流された「奇跡の太鼓」などを使って演奏する長沼こまち太鼓のメンバーたち=長野市穂保で2020年10月11日午前10時3分、滝川大貴撮影 記事本文を読む
  • 昨年の台風19号による千曲川決壊で浸水した北陸幹線車両基地=長野市赤沼で2020年10月11日午後4時25分、滝川大貴撮影
    昨年の台風19号による千曲川決壊で浸水した北陸幹線車両基地=長野市赤沼で2020年10月11日午後4時25分、滝川大貴撮影 記事本文を読む
  • 千曲川決壊箇所近くでリンゴを収穫する農家=長野市穂保で2020年10月11日午後1時48分、滝川大貴撮影
    千曲川決壊箇所近くでリンゴを収穫する農家=長野市穂保で2020年10月11日午後1時48分、滝川大貴撮影 記事本文を読む
  • 夕暮れの中、静かに流れる千曲川。昨年の台風19号で堤防が決壊した=長野県小布施町で2020年10月11日午後4時59分、滝川大貴撮影
    夕暮れの中、静かに流れる千曲川。昨年の台風19号で堤防が決壊した=長野県小布施町で2020年10月11日午後4時59分、滝川大貴撮影 記事本文を読む

あわせて読みたい

注目の特集