新型コロナ

「幸先詣」 で初詣前倒し 湯島天神、「密」避け分散参拝呼びかけ 

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
[2/4]
  • 湯島天神の授与所に置かれた破魔矢を手にする参拝者=東京都文京区で2020年12月13日、喜屋武真之介撮影
    湯島天神の授与所に置かれた破魔矢を手にする参拝者=東京都文京区で2020年12月13日、喜屋武真之介撮影 記事本文を読む
  • 湯島天神の本殿に向かい手を合わせる参拝者たち。境内には「幸先詣」ののぼりがあちこちに立てられていた=東京都文京区で2020年12月13日、喜屋武真之介撮影
    湯島天神の本殿に向かい手を合わせる参拝者たち。境内には「幸先詣」ののぼりがあちこちに立てられていた=東京都文京区で2020年12月13日、喜屋武真之介撮影 記事本文を読む
  • 湯島天神の本殿に向かい手を合わせる参拝者たち。境内には「幸先詣」ののぼりがあちこちに立てられていた=東京都文京区で2020年12月13日、喜屋武真之介撮影
    湯島天神の本殿に向かい手を合わせる参拝者たち。境内には「幸先詣」ののぼりがあちこちに立てられていた=東京都文京区で2020年12月13日、喜屋武真之介撮影 記事本文を読む
  • 新型コロナウイルスの感染防止策として、触れないように仕切りで囲まれた「なで牛」。なでて祈願できない代わりに、スマートフォンで写真を撮る参拝者も多かった=東京都文京区で2020年12月13日、喜屋武真之介撮影
    新型コロナウイルスの感染防止策として、触れないように仕切りで囲まれた「なで牛」。なでて祈願できない代わりに、スマートフォンで写真を撮る参拝者も多かった=東京都文京区で2020年12月13日、喜屋武真之介撮影 記事本文を読む

あわせて読みたい

注目の特集