京都の初詣が様変わり 人出「例年の2割」の声 伏見稲荷も「普通に歩ける」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
[1/6]
  • 平安神宮に通じる神宮道に露店が並んだが、足を止める人は少なかった=京都市左京区で2021年1月1日午前0時8分、中島怜子撮影
    平安神宮に通じる神宮道に露店が並んだが、足を止める人は少なかった=京都市左京区で2021年1月1日午前0時8分、中島怜子撮影
  • 大極殿前にはロープで参拝客用の通路が区切られ、足元に印が付けられた=京都市左京区の平安神宮で2021年1月1日午前0時53分、中島怜子撮影
    大極殿前にはロープで参拝客用の通路が区切られ、足元に印が付けられた=京都市左京区の平安神宮で2021年1月1日午前0時53分、中島怜子撮影
  • マスクをしながら初詣に訪れる人=京都市伏見区の伏見稲荷大社で2021年1月1日午前11時4分、添島香苗撮影
    マスクをしながら初詣に訪れる人=京都市伏見区の伏見稲荷大社で2021年1月1日午前11時4分、添島香苗撮影
  • 例年よりも初詣客が少ない伏見稲荷大社=京都市伏見区で2021年1月1日午後0時24分、添島香苗撮影
    例年よりも初詣客が少ない伏見稲荷大社=京都市伏見区で2021年1月1日午後0時24分、添島香苗撮影
  • 祈とうの受け付けには、感染対策のためパーティションが設置された=京都市伏見区の伏見稲荷大社で2021年1月1日午後0時27分、添島香苗撮影
    祈とうの受け付けには、感染対策のためパーティションが設置された=京都市伏見区の伏見稲荷大社で2021年1月1日午後0時27分、添島香苗撮影
  • 参拝を終えると境内にとどまらず、足早に出てくる人の姿が目立った=京都市左京区の平安神宮で2021年1月1日午前0時14分、中島怜子撮影
    参拝を終えると境内にとどまらず、足早に出てくる人の姿が目立った=京都市左京区の平安神宮で2021年1月1日午前0時14分、中島怜子撮影
  • 平安神宮に通じる神宮道に露店が並んだが、足を止める人は少なかった=京都市左京区で2021年1月1日午前0時8分、中島怜子撮影
  • 大極殿前にはロープで参拝客用の通路が区切られ、足元に印が付けられた=京都市左京区の平安神宮で2021年1月1日午前0時53分、中島怜子撮影
  • マスクをしながら初詣に訪れる人=京都市伏見区の伏見稲荷大社で2021年1月1日午前11時4分、添島香苗撮影
  • 例年よりも初詣客が少ない伏見稲荷大社=京都市伏見区で2021年1月1日午後0時24分、添島香苗撮影
  • 祈とうの受け付けには、感染対策のためパーティションが設置された=京都市伏見区の伏見稲荷大社で2021年1月1日午後0時27分、添島香苗撮影
  • 参拝を終えると境内にとどまらず、足早に出てくる人の姿が目立った=京都市左京区の平安神宮で2021年1月1日午前0時14分、中島怜子撮影

あわせて読みたい

関連記事

ニュース特集