阪神大震災から26年の朝 「がんばろう1・17」灯籠に遺族らが黙とう

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
[4/25]
  • 阪神大震災から26年を迎え、地震発生時刻に合わせて祈りをささげる人たち=神戸市中央区の東遊園地で2021年1月17日午前5時46分、猪飼健史撮影
    阪神大震災から26年を迎え、地震発生時刻に合わせて祈りをささげる人たち=神戸市中央区の東遊園地で2021年1月17日午前5時46分、猪飼健史撮影 記事本文を読む
  • 「1・17のつどい」で、発生時刻の5時46分に合わせて黙とうする人たち=神戸市中央区で2021年1月17日午前5時46分、山田尚弘撮影
    「1・17のつどい」で、発生時刻の5時46分に合わせて黙とうする人たち=神戸市中央区で2021年1月17日午前5時46分、山田尚弘撮影 記事本文を読む
  • 母親と公園を訪れ、亡くなった方々へ祈りをささげる安田姫玲(えれん)さん。母・史絵さんは「震災のことを知ってもらい受け継いでいってほしい」と話した=神戸市中央区で2021年1月17日午前6時3分、猪飼健史撮影
    母親と公園を訪れ、亡くなった方々へ祈りをささげる安田姫玲(えれん)さん。母・史絵さんは「震災のことを知ってもらい受け継いでいってほしい」と話した=神戸市中央区で2021年1月17日午前6時3分、猪飼健史撮影 記事本文を読む
  • 子どもたちと紙灯籠に明かりをともす渋谷美海(みうみ)さん(24)=中央=。渋谷さん自身も震災後の生まれだが「子どもたちに命の大切さを知ってほしい」=神戸市中央区で2021年1月17日午前5時26分、猪飼健史撮影
    子どもたちと紙灯籠に明かりをともす渋谷美海(みうみ)さん(24)=中央=。渋谷さん自身も震災後の生まれだが「子どもたちに命の大切さを知ってほしい」=神戸市中央区で2021年1月17日午前5時26分、猪飼健史撮影 記事本文を読む
  • 「コロナに打ち勝つ」と書かれた紙灯籠。今年はボランティアの高齢化や新型コロナウイルスの影響などで竹灯籠の数が少なく、紙灯籠も活用した=神戸市中央区の東遊園地で2021年1月17日午前5時2分、木葉健二撮影
    「コロナに打ち勝つ」と書かれた紙灯籠。今年はボランティアの高齢化や新型コロナウイルスの影響などで竹灯籠の数が少なく、紙灯籠も活用した=神戸市中央区の東遊園地で2021年1月17日午前5時2分、木葉健二撮影 記事本文を読む
  • 阪神大震災から26年を迎え、紙灯籠の前で手を合わせる人たち=神戸市中央区の東遊園地で2021年1月17日午前6時10分、木葉健二撮影
    阪神大震災から26年を迎え、紙灯籠の前で手を合わせる人たち=神戸市中央区の東遊園地で2021年1月17日午前6時10分、木葉健二撮影 記事本文を読む
  • 犠牲者を追悼し、竹灯籠に明かりをともす人たち=神戸市中央区の東遊園地で2021年1月17日午前4時42分、猪飼健史撮影
    犠牲者を追悼し、竹灯籠に明かりをともす人たち=神戸市中央区の東遊園地で2021年1月17日午前4時42分、猪飼健史撮影 記事本文を読む
  • 震災で亡くなった祖父との思い出を話しながら目に涙を浮かべる大前敏郎さん=神戸市中央区の東遊園地で2021年1月17日午前8時28分、藤井達也撮影
    震災で亡くなった祖父との思い出を話しながら目に涙を浮かべる大前敏郎さん=神戸市中央区の東遊園地で2021年1月17日午前8時28分、藤井達也撮影 記事本文を読む
  • 阪神大震災から26年を迎え、地震発生時刻に黙とうする人たち=神戸市中央区の東遊園地で2021年1月17日午前5時46分、木葉健二撮影
    阪神大震災から26年を迎え、地震発生時刻に黙とうする人たち=神戸市中央区の東遊園地で2021年1月17日午前5時46分、木葉健二撮影 記事本文を読む
  • 「1・17のつどい」で、並んだ竹灯籠の明かりを見つめる女性=神戸市中央区の東遊園地で2021年1月17日午前4時41分、山田尚弘撮影
    「1・17のつどい」で、並んだ竹灯籠の明かりを見つめる女性=神戸市中央区の東遊園地で2021年1月17日午前4時41分、山田尚弘撮影 記事本文を読む
  • 竹灯籠にともされる明かり=神戸市中央区の東遊園地で2021年1月17日午前4時34分、猪飼健史撮影
    竹灯籠にともされる明かり=神戸市中央区の東遊園地で2021年1月17日午前4時34分、猪飼健史撮影 記事本文を読む
  • 阪神大震災から26年。東遊園地で開かれた「1・17のつどい」=神戸市中央区で2021年1月17日午前6時44分、山田尚弘撮影
    阪神大震災から26年。東遊園地で開かれた「1・17のつどい」=神戸市中央区で2021年1月17日午前6時44分、山田尚弘撮影 記事本文を読む
  • 手の消毒をして会場に入る家族連れ=神戸市中央区の東遊園地で2021年1月17日午前8時21分、木葉健二撮影
    手の消毒をして会場に入る家族連れ=神戸市中央区の東遊園地で2021年1月17日午前8時21分、木葉健二撮影 記事本文を読む
  • 石碑に刻まれた犠牲者の名前に手を伸ばす女性=兵庫県西宮市の西宮震災記念碑公園で2021年1月17日午前5時26分、平川義之撮影
    石碑に刻まれた犠牲者の名前に手を伸ばす女性=兵庫県西宮市の西宮震災記念碑公園で2021年1月17日午前5時26分、平川義之撮影 記事本文を読む
  • 犠牲者の名前が刻まれた石碑を訪れ、亡くなった伯母のために献花する女性=兵庫県西宮市の西宮震災記念碑公園で2021年1月17日午前6時、平川義之撮影
    犠牲者の名前が刻まれた石碑を訪れ、亡くなった伯母のために献花する女性=兵庫県西宮市の西宮震災記念碑公園で2021年1月17日午前6時、平川義之撮影 記事本文を読む
  • 犠牲者の名前が刻まれた「追悼之碑」を訪れ献花する人たち。新型コロナウイルスによる影響で密にならないようにお願いする看板が立ててあった=兵庫県西宮市の西宮震災記念碑公園で2021年1月17日午前5時38分、平川義之撮影
    犠牲者の名前が刻まれた「追悼之碑」を訪れ献花する人たち。新型コロナウイルスによる影響で密にならないようにお願いする看板が立ててあった=兵庫県西宮市の西宮震災記念碑公園で2021年1月17日午前5時38分、平川義之撮影 記事本文を読む
  • 犠牲者の名前が刻まれた「追悼之碑」に献花し、手を合わせる人たち=兵庫県西宮市の西宮震災記念碑公園で2021年1月17日午前5時48分、平川義之撮影
    犠牲者の名前が刻まれた「追悼之碑」に献花し、手を合わせる人たち=兵庫県西宮市の西宮震災記念碑公園で2021年1月17日午前5時48分、平川義之撮影 記事本文を読む
  • 献花受け渡し場所に置かれた案内ボードは新型コロナウイルスで記帳所の設置を行わないことを伝えていた=兵庫県西宮市の西宮震災記念碑公園で2021年1月17日午前6時52分、平川義之撮影
    献花受け渡し場所に置かれた案内ボードは新型コロナウイルスで記帳所の設置を行わないことを伝えていた=兵庫県西宮市の西宮震災記念碑公園で2021年1月17日午前6時52分、平川義之撮影 記事本文を読む
  • 犠牲者の名前が刻まれた「追悼之碑」に献花するため並ぶ人たち。新型コロナウイルスの影響で「密」にならないよう間隔を空けて並んだ=兵庫県西宮市の西宮震災記念碑公園で2021年1月17日午前5時53分、平川義之撮影
    犠牲者の名前が刻まれた「追悼之碑」に献花するため並ぶ人たち。新型コロナウイルスの影響で「密」にならないよう間隔を空けて並んだ=兵庫県西宮市の西宮震災記念碑公園で2021年1月17日午前5時53分、平川義之撮影 記事本文を読む
  • 仲の良かった妹と甥を亡くした坂本博司さん。「地震から一週間はショックで記憶が無い。神様を恨みました」と犠牲者らの名前が刻まれた銘板の前で話した=神戸市中央区で2021年1月17日午前8時8分、藤井達也撮影
    仲の良かった妹と甥を亡くした坂本博司さん。「地震から一週間はショックで記憶が無い。神様を恨みました」と犠牲者らの名前が刻まれた銘板の前で話した=神戸市中央区で2021年1月17日午前8時8分、藤井達也撮影 記事本文を読む
  • 入場制限のため、慰霊と復興のモニュメントに並ぶ人たち=神戸市中央区の東遊園地で2021年1月17日午前6時7分、木葉健二撮影
    入場制限のため、慰霊と復興のモニュメントに並ぶ人たち=神戸市中央区の東遊園地で2021年1月17日午前6時7分、木葉健二撮影 記事本文を読む
  • 犠牲者を追悼し、トランペットを演奏する松平晃さん=神戸市中央区で2021年1月17日午前5時55分、藤井達也撮影
    犠牲者を追悼し、トランペットを演奏する松平晃さん=神戸市中央区で2021年1月17日午前5時55分、藤井達也撮影 記事本文を読む
  • 阪神大震災の発生から26年を迎えた神戸の街並み=神戸市中央区で2021年1月17日午前7時2分、藤井達也撮影
    阪神大震災の発生から26年を迎えた神戸の街並み=神戸市中央区で2021年1月17日午前7時2分、藤井達也撮影 記事本文を読む
  • 「1・17希望の灯り」から分灯された「3・11希望の灯り」の前で地震発生時刻にあわせて黙とうする岩手県陸前高田市の住民たち。東日本大震災から3月で10年を迎える住民たちは「亡くなった方々への思いは同じ。子供たちや若い人たちに引き継がれる希望の灯りであってほしい」と思いを込めて手を合わせていた=岩手県陸前高田市で2021年1月17日午前5時46分、和田大典撮影
    「1・17希望の灯り」から分灯された「3・11希望の灯り」の前で地震発生時刻にあわせて黙とうする岩手県陸前高田市の住民たち。東日本大震災から3月で10年を迎える住民たちは「亡くなった方々への思いは同じ。子供たちや若い人たちに引き継がれる希望の灯りであってほしい」と思いを込めて手を合わせていた=岩手県陸前高田市で2021年1月17日午前5時46分、和田大典撮影 記事本文を読む
  • 「1・17希望の灯り」から分灯された「3・11希望の灯り」の前で地震発生時刻にあわせて黙とうする岩手県陸前高田市の住民たち。東日本大震災から3月で10年を迎える住民たちは「亡くなった方々への思いは同じ。子供たちや若い人たちに引き継がれる希望の灯りであってほしい」と思いを込めて手を合わせていた=岩手県陸前高田市で2021年1月17日午前5時46分、和田大典撮影
    「1・17希望の灯り」から分灯された「3・11希望の灯り」の前で地震発生時刻にあわせて黙とうする岩手県陸前高田市の住民たち。東日本大震災から3月で10年を迎える住民たちは「亡くなった方々への思いは同じ。子供たちや若い人たちに引き継がれる希望の灯りであってほしい」と思いを込めて手を合わせていた=岩手県陸前高田市で2021年1月17日午前5時46分、和田大典撮影 記事本文を読む

あわせて読みたい

注目の特集