都心に光跡 星出さんと野口さん滞在のISS、首都圏上空を通過

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
[1/3]
  • 野口聡一、星出彰彦両宇宙飛行士が滞在し、東京都心の上空を南西(下)から北東(上)へと通過する国際宇宙ステーションの光跡。中央下は東京タワー=東京都港区で2021年4月25日、手塚耕一郎撮影(魚眼レンズ使用。午前4時14分から撮影した2秒露光の画像120枚を比較明合成)
    野口聡一、星出彰彦両宇宙飛行士が滞在し、東京都心の上空を南西(下)から北東(上)へと通過する国際宇宙ステーションの光跡。中央下は東京タワー=東京都港区で2021年4月25日、手塚耕一郎撮影(魚眼レンズ使用。午前4時14分から撮影した2秒露光の画像120枚を比較明合成) 記事本文を読む
  • 野口聡一、星出彰彦両宇宙飛行士が滞在し、南西の低空(左下)から天頂方向へ進む国際宇宙ステーションの光跡。横切る光跡は別の人工衛星。右は東京タワー=東京都港区で2021年4月25日、手塚耕一郎撮影(午前4時14分から撮影した2秒露光の画像62枚を比較明合成)
    野口聡一、星出彰彦両宇宙飛行士が滞在し、南西の低空(左下)から天頂方向へ進む国際宇宙ステーションの光跡。横切る光跡は別の人工衛星。右は東京タワー=東京都港区で2021年4月25日、手塚耕一郎撮影(午前4時14分から撮影した2秒露光の画像62枚を比較明合成) 記事本文を読む
  • 野口聡一、星出彰彦両宇宙飛行士が滞在し、東京タワーの近くに見えた国際宇宙ステーションの光跡。横切る光跡は別の人工衛星=東京都港区で2021年4月25日、手塚耕一郎撮影(午前4時15分から撮影した2秒露光の画像30枚を比較明合成)
    野口聡一、星出彰彦両宇宙飛行士が滞在し、東京タワーの近くに見えた国際宇宙ステーションの光跡。横切る光跡は別の人工衛星=東京都港区で2021年4月25日、手塚耕一郎撮影(午前4時15分から撮影した2秒露光の画像30枚を比較明合成) 記事本文を読む

あわせて読みたい

注目の特集