みどりの日

あれから10年 よみがえる松原 岩手・陸前高田

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
[1/16]
  • 東日本大震災から10年。松の苗木4万本の植樹がまもなく終わり、緑色の松林が再び育ちつつある「高田松原」=岩手県陸前高田市で2021年4月22日、小型無人機で手塚耕一郎撮影
    東日本大震災から10年。松の苗木4万本の植樹がまもなく終わり、緑色の松林が再び育ちつつある「高田松原」=岩手県陸前高田市で2021年4月22日、小型無人機で手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 東日本大震災で被災する前の高田松原(高田松原を守る会提供)
    東日本大震災で被災する前の高田松原(高田松原を守る会提供) 記事本文を読む
  • 東日本大震災翌月の奇跡の一本松。高田松原の松林(右)は壊滅した=岩手県陸前高田市で2011年4月29日、本社ヘリから石井諭撮影
    東日本大震災翌月の奇跡の一本松。高田松原の松林(右)は壊滅した=岩手県陸前高田市で2011年4月29日、本社ヘリから石井諭撮影 記事本文を読む
  • 東日本大震災翌月の奇跡の一本松。高田松原の松林(右奥)は壊滅した=岩手県陸前高田市で2011年4月29日、本社ヘリから石井諭撮影
    東日本大震災翌月の奇跡の一本松。高田松原の松林(右奥)は壊滅した=岩手県陸前高田市で2011年4月29日、本社ヘリから石井諭撮影 記事本文を読む
  • 休耕田で高田松原に植える松の木を育てるボランティア=岩手県陸前高田市で2013年4月28日、根本太一撮影
    休耕田で高田松原に植える松の木を育てるボランティア=岩手県陸前高田市で2013年4月28日、根本太一撮影 記事本文を読む
  • 東日本大震災から10年、松の苗木4万本の植樹がまもなく終わり、緑色の松林が再び育ちつつある「高田松原」=岩手県陸前高田市で2021年4月22日、小型無人機で手塚耕一郎撮影
    東日本大震災から10年、松の苗木4万本の植樹がまもなく終わり、緑色の松林が再び育ちつつある「高田松原」=岩手県陸前高田市で2021年4月22日、小型無人機で手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 大きいもので高さ2メートルほどに成長している高田松原に植樹された松。中央奥は「奇跡の一本松」=岩手県陸前高田市で2021年4月21日、手塚耕一郎撮影
    大きいもので高さ2メートルほどに成長している高田松原に植樹された松。中央奥は「奇跡の一本松」=岩手県陸前高田市で2021年4月21日、手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 東日本大震災から10年、松の苗木4万本の植樹がまもなく終わり、緑色の松林が再び育ちつつある「高田松原」=岩手県陸前高田市で2021年4月22日、小型無人機で手塚耕一郎撮影
    東日本大震災から10年、松の苗木4万本の植樹がまもなく終わり、緑色の松林が再び育ちつつある「高田松原」=岩手県陸前高田市で2021年4月22日、小型無人機で手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 東日本大震災の大津波で被災した約7万本の松の中で唯一残った「奇跡の一本松」(右)。その後枯死したものの、一度切断され防腐処理などを経て復興のシンボルとして保存されている。左は震災遺構として残されている陸前高田ユースホステルの建物=岩手県陸前高田市で2021年4月21日、手塚耕一郎撮影
    東日本大震災の大津波で被災した約7万本の松の中で唯一残った「奇跡の一本松」(右)。その後枯死したものの、一度切断され防腐処理などを経て復興のシンボルとして保存されている。左は震災遺構として残されている陸前高田ユースホステルの建物=岩手県陸前高田市で2021年4月21日、手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 東日本大震災の大津波で被災した約7万本の松の中で唯一残った「奇跡の一本松」。その後枯死したものの、一度切断され防腐処理などを経て復興のシンボルとして保存されている。奥は震災遺構として残されている陸前高田ユースホステルの建物=岩手県陸前高田市で2021年4月22日、手塚耕一郎撮影
    東日本大震災の大津波で被災した約7万本の松の中で唯一残った「奇跡の一本松」。その後枯死したものの、一度切断され防腐処理などを経て復興のシンボルとして保存されている。奥は震災遺構として残されている陸前高田ユースホステルの建物=岩手県陸前高田市で2021年4月22日、手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 東日本大震災から10年、松の苗木4万本の植樹がまもなく終わり、緑色の松林が再び育ちつつある「高田松原」=岩手県陸前高田市で2021年4月22日、小型無人機で手塚耕一郎撮影
    東日本大震災から10年、松の苗木4万本の植樹がまもなく終わり、緑色の松林が再び育ちつつある「高田松原」=岩手県陸前高田市で2021年4月22日、小型無人機で手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 東日本大震災から10年、松の苗木4万本の植樹がまもなく終わり、緑色の松林が再び育ちつつある「高田松原」。左奥の白い建物は震災遺構として整備される旧道の駅=岩手県陸前高田市で2021年4月22日、小型無人機で手塚耕一郎撮影
    東日本大震災から10年、松の苗木4万本の植樹がまもなく終わり、緑色の松林が再び育ちつつある「高田松原」。左奥の白い建物は震災遺構として整備される旧道の駅=岩手県陸前高田市で2021年4月22日、小型無人機で手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 東日本大震災から10年、松の苗木4万本の植樹がまもなく終わり、緑色の松林が再び育ちつつある「高田松原」=岩手県陸前高田市で2021年4月22日、小型無人機で手塚耕一郎撮影
    東日本大震災から10年、松の苗木4万本の植樹がまもなく終わり、緑色の松林が再び育ちつつある「高田松原」=岩手県陸前高田市で2021年4月22日、小型無人機で手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 東日本大震災から10年、松の苗木4万本の植樹がまもなく終わり、緑色の松林が再び育ちつつある「高田松原」。右奥の白い建物は、津波伝承館と道の駅の複合施設。堤防の左奥に一本松が見える=岩手県陸前高田市で2021年4月22日、小型無人機で手塚耕一郎撮影
    東日本大震災から10年、松の苗木4万本の植樹がまもなく終わり、緑色の松林が再び育ちつつある「高田松原」。右奥の白い建物は、津波伝承館と道の駅の複合施設。堤防の左奥に一本松が見える=岩手県陸前高田市で2021年4月22日、小型無人機で手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 東日本大震災から10年、松の苗木4万本の植樹がまもなく終わり、緑色の松林が再び育ちつつある「高田松原」=岩手県陸前高田市で2021年4月22日、小型無人機で手塚耕一郎撮影
    東日本大震災から10年、松の苗木4万本の植樹がまもなく終わり、緑色の松林が再び育ちつつある「高田松原」=岩手県陸前高田市で2021年4月22日、小型無人機で手塚耕一郎撮影 記事本文を読む
  • 東日本大震災から10年、松の苗木4万本の植樹がまもなく終わり、緑色の松林が再び育ちつつある「高田松原」=岩手県陸前高田市で2021年4月22日、小型無人機で手塚耕一郎撮影
    東日本大震災から10年、松の苗木4万本の植樹がまもなく終わり、緑色の松林が再び育ちつつある「高田松原」=岩手県陸前高田市で2021年4月22日、小型無人機で手塚耕一郎撮影 記事本文を読む

あわせて読みたい

注目の特集