読む写真

Photo PCR検査、頼れる助っ人

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
[1/8]
  • ロボットが人間の腕のように繊細に動く「自動PCR検査システム」のデモ機=東京都港区で2021年5月22日、竹内紀臣撮影
    ロボットが人間の腕のように繊細に動く「自動PCR検査システム」のデモ機=東京都港区で2021年5月22日、竹内紀臣撮影 記事本文を読む
  • 人間の腕のようなアームが13本が集まり、16時間で2500検体のPCR検査ができる「自動PCR検査システム」のデモ機。検体が入った容器を開けての作業も、医療関係者が行う場合は防護服などが必須だがロボットが行えば感染するリスクはない=東京都港区で2021年5月22日、竹内紀臣撮影
    人間の腕のようなアームが13本が集まり、16時間で2500検体のPCR検査ができる「自動PCR検査システム」のデモ機。検体が入った容器を開けての作業も、医療関係者が行う場合は防護服などが必須だがロボットが行えば感染するリスクはない=東京都港区で2021年5月22日、竹内紀臣撮影 記事本文を読む
  • 人間の腕のようなアームが13本が集まり、16時間で2500検体のPCR検査ができる「自動PCR検査システム」のデモ機。検体が入った容器を開け一部を取り出す作業は、ロボットは2分半で8検体をこなす=東京都港区で2021年5月22日、竹内紀臣撮影
    人間の腕のようなアームが13本が集まり、16時間で2500検体のPCR検査ができる「自動PCR検査システム」のデモ機。検体が入った容器を開け一部を取り出す作業は、ロボットは2分半で8検体をこなす=東京都港区で2021年5月22日、竹内紀臣撮影 記事本文を読む
  • 人間の腕のようなアームが13本が集まり、16時間で2500検体のPCR検査ができる「自動PCR検査システム」。デモンストレーション機の見学では次々に作業をこなす様子が分かる。40フィートコンテナ(長さ12・2メートル、幅2・5メートル)に収まる大きさで、コンテナごと移動も可能で、今後の活用が期待される=東京都港区で2021年5月22日、竹内紀臣撮影
    人間の腕のようなアームが13本が集まり、16時間で2500検体のPCR検査ができる「自動PCR検査システム」。デモンストレーション機の見学では次々に作業をこなす様子が分かる。40フィートコンテナ(長さ12・2メートル、幅2・5メートル)に収まる大きさで、コンテナごと移動も可能で、今後の活用が期待される=東京都港区で2021年5月22日、竹内紀臣撮影 記事本文を読む
  • 人間の腕のようなアームが13本が集まり、16時間で2500検体のPCR検査ができる「自動PCR検査システム」のデモ機。「核酸抽出」という作業は5台のロボットが30分で行う=東京都港区で2021年5月22日、竹内紀臣撮影
    人間の腕のようなアームが13本が集まり、16時間で2500検体のPCR検査ができる「自動PCR検査システム」のデモ機。「核酸抽出」という作業は5台のロボットが30分で行う=東京都港区で2021年5月22日、竹内紀臣撮影 記事本文を読む
  • 人間の腕のようなアームが13本が集まり、16時間で2500検体のPCR検査ができる「自動PCR検査システム」のデモ機。最終工程では小さな8つの試験管に入れられた検体の温度を上下させて試薬を反応させ、PCR測定を行う=東京都港区で2021年5月22日、竹内紀臣撮影
    人間の腕のようなアームが13本が集まり、16時間で2500検体のPCR検査ができる「自動PCR検査システム」のデモ機。最終工程では小さな8つの試験管に入れられた検体の温度を上下させて試薬を反応させ、PCR測定を行う=東京都港区で2021年5月22日、竹内紀臣撮影 記事本文を読む
  • 人間の腕のようなアームが13本が集まり、16時間で2500検体のPCR検査ができる「自動PCR検査システム」のデモ機。40フィートコンテナ(長さ12・2メートル、幅2・5メートル)に納めて移動も可能で、今後の活用が期待される=東京都港区で2021年5月22日、竹内紀臣撮影
    人間の腕のようなアームが13本が集まり、16時間で2500検体のPCR検査ができる「自動PCR検査システム」のデモ機。40フィートコンテナ(長さ12・2メートル、幅2・5メートル)に納めて移動も可能で、今後の活用が期待される=東京都港区で2021年5月22日、竹内紀臣撮影 記事本文を読む
  • 人間の腕のようなアームが13本が集まり、16時間で2500検体のPCR検査ができる「自動PCR検査システム」のデモ機。40フィートコンテナ(長さ12・2メートル、幅2・5メートル)に納めて移動も可能で、今後の活用が期待される=東京都港区で2021年5月22日、竹内紀臣撮影
    人間の腕のようなアームが13本が集まり、16時間で2500検体のPCR検査ができる「自動PCR検査システム」のデモ機。40フィートコンテナ(長さ12・2メートル、幅2・5メートル)に納めて移動も可能で、今後の活用が期待される=東京都港区で2021年5月22日、竹内紀臣撮影 記事本文を読む
  • ロボットが人間の腕のように繊細に動く「自動PCR検査システム」のデモ機=東京都港区で2021年5月22日、竹内紀臣撮影
  • 人間の腕のようなアームが13本が集まり、16時間で2500検体のPCR検査ができる「自動PCR検査システム」のデモ機。検体が入った容器を開けての作業も、医療関係者が行う場合は防護服などが必須だがロボットが行えば感染するリスクはない=東京都港区で2021年5月22日、竹内紀臣撮影
  • 人間の腕のようなアームが13本が集まり、16時間で2500検体のPCR検査ができる「自動PCR検査システム」のデモ機。検体が入った容器を開け一部を取り出す作業は、ロボットは2分半で8検体をこなす=東京都港区で2021年5月22日、竹内紀臣撮影
  • 人間の腕のようなアームが13本が集まり、16時間で2500検体のPCR検査ができる「自動PCR検査システム」。デモンストレーション機の見学では次々に作業をこなす様子が分かる。40フィートコンテナ(長さ12・2メートル、幅2・5メートル)に収まる大きさで、コンテナごと移動も可能で、今後の活用が期待される=東京都港区で2021年5月22日、竹内紀臣撮影
  • 人間の腕のようなアームが13本が集まり、16時間で2500検体のPCR検査ができる「自動PCR検査システム」のデモ機。「核酸抽出」という作業は5台のロボットが30分で行う=東京都港区で2021年5月22日、竹内紀臣撮影
  • 人間の腕のようなアームが13本が集まり、16時間で2500検体のPCR検査ができる「自動PCR検査システム」のデモ機。最終工程では小さな8つの試験管に入れられた検体の温度を上下させて試薬を反応させ、PCR測定を行う=東京都港区で2021年5月22日、竹内紀臣撮影
  • 人間の腕のようなアームが13本が集まり、16時間で2500検体のPCR検査ができる「自動PCR検査システム」のデモ機。40フィートコンテナ(長さ12・2メートル、幅2・5メートル)に納めて移動も可能で、今後の活用が期待される=東京都港区で2021年5月22日、竹内紀臣撮影
  • 人間の腕のようなアームが13本が集まり、16時間で2500検体のPCR検査ができる「自動PCR検査システム」のデモ機。40フィートコンテナ(長さ12・2メートル、幅2・5メートル)に納めて移動も可能で、今後の活用が期待される=東京都港区で2021年5月22日、竹内紀臣撮影

あわせて読みたい

ニュース特集