ライチョウの抱卵確認 50年ぶりのひなに期待 中央アルプス

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
[1/2]
  • 2018年に飛来が確認された雌が産んだ卵=中央アルプス・木曽駒ケ岳周辺で2021年6月12日午前10時53分、環境省提供
    2018年に飛来が確認された雌が産んだ卵=中央アルプス・木曽駒ケ岳周辺で2021年6月12日午前10時53分、環境省提供
  • 抱卵するライチョウの雌。この雌は2018年に飛来が確認されていた=中央アルプス・木曽駒ケ岳周辺で2021年6月12日午前10時49分、環境省提供
    抱卵するライチョウの雌。この雌は2018年に飛来が確認されていた=中央アルプス・木曽駒ケ岳周辺で2021年6月12日午前10時49分、環境省提供

あわせて読みたい

次に読みたい

注目の特集