第72回毎日書道展

第72回毎日書道展 あす国立新美術館で開幕(その2止) 現代を記す墨の技

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
[1/13]
  • 横瀬奈美<漢字>「與廉擧孝」242センチ×61センチ 内蔵されたエネルギーが噴出するかのような作。線の切れ味鋭く、緩急、潤渇の効果で余白の美が表出されている。(上月通歳)
    横瀬奈美<漢字>「與廉擧孝」242センチ×61センチ 内蔵されたエネルギーが噴出するかのような作。線の切れ味鋭く、緩急、潤渇の効果で余白の美が表出されている。(上月通歳) 記事本文を読む
  • 北見琢也<漢字>「驚心動魄」242センチ×61センチ 多面に働く運動で紙面をとらえ、余白は輝き、黒は深く奥底へと沈着した。揺るぎない心の叫びを存分に表現した。(上原修陽)
    北見琢也<漢字>「驚心動魄」242センチ×61センチ 多面に働く運動で紙面をとらえ、余白は輝き、黒は深く奥底へと沈着した。揺るぎない心の叫びを存分に表現した。(上原修陽) 記事本文を読む
  • 川口雅笙<漢字>「郎士元詩」242センチ×61センチ 潔くしかも暖かな線でくい込み透明でスリリングとなった。時に見せる激しい息づかいも伝わり魅力満載作(室井玄聳)
    川口雅笙<漢字>「郎士元詩」242センチ×61センチ 潔くしかも暖かな線でくい込み透明でスリリングとなった。時に見せる激しい息づかいも伝わり魅力満載作(室井玄聳) 記事本文を読む
  • 横山聖水<漢字>「湖口晩泊」242センチ×61センチ 文字の大小、潤渇、筆圧の変化等自然で調和よく、運筆軽快、巧妙で筆勢、紙面に留まらず高く空をとらた。(渡辺美明)
    横山聖水<漢字>「湖口晩泊」242センチ×61センチ 文字の大小、潤渇、筆圧の変化等自然で調和よく、運筆軽快、巧妙で筆勢、紙面に留まらず高く空をとらた。(渡辺美明) 記事本文を読む
  • 杉山桂舟<漢字>「雨後渓上に出ず」242センチ×61センチ 多字を呼吸きれることなく優麗、墨つぎも効果的で立体感を出し奥行の深さを表現している。(鈴木一敬)
    杉山桂舟<漢字>「雨後渓上に出ず」242センチ×61センチ 多字を呼吸きれることなく優麗、墨つぎも効果的で立体感を出し奥行の深さを表現している。(鈴木一敬) 記事本文を読む
  • 大内熒軒<漢字>「見得思義」242センチ×61センチ 漢代木簡の要素で統一し、素直で質朴な線と形が調和している。文字表現を単純化していやみがないのが良い。(柴山抱海)
    大内熒軒<漢字>「見得思義」242センチ×61センチ 漢代木簡の要素で統一し、素直で質朴な線と形が調和している。文字表現を単純化していやみがないのが良い。(柴山抱海) 記事本文を読む
  • 青柳雛<漢字>「撃関破節」242センチ×61センチ 難事を撃破し進む強い志を込めた語句にふさわしく、強く擦りつけた筆致が生む渇線が魅力的。個性が光る快作。(種谷萬城)
    青柳雛<漢字>「撃関破節」242センチ×61センチ 難事を撃破し進む強い志を込めた語句にふさわしく、強く擦りつけた筆致が生む渇線が魅力的。個性が光る快作。(種谷萬城) 記事本文を読む
  • 小森趙山<漢字>「春庭」242センチ×61センチ 歯切れの良い線と引き締まった結体で行間も明るく、コロナ禍の今沈んだ気持ちに灯火(ともしび)と活を与えてくれる快作。(遠山白雲)
    小森趙山<漢字>「春庭」242センチ×61センチ 歯切れの良い線と引き締まった結体で行間も明るく、コロナ禍の今沈んだ気持ちに灯火(ともしび)と活を与えてくれる快作。(遠山白雲) 記事本文を読む
  • 天満谷貴之<漢字>「一心歸」 121センチ×121センチ 自然に運筆された点画が、全体を美しくまとめ清爽感が漂う。白と黒が美しく調和した高い心境の作である。(赤平泰処)
    天満谷貴之<漢字>「一心歸」 121センチ×121センチ 自然に運筆された点画が、全体を美しくまとめ清爽感が漂う。白と黒が美しく調和した高い心境の作である。(赤平泰処) 記事本文を読む
  • 内山宇響<漢字>「五言二句」 61センチ×242センチ 書線に潤いがあり黒と白のコントラストの響き合いが美しい。また収筆時の余韻あふれる表現は誠に見事である。(星野聖山)
    内山宇響<漢字>「五言二句」 61センチ×242センチ 書線に潤いがあり黒と白のコントラストの響き合いが美しい。また収筆時の余韻あふれる表現は誠に見事である。(星野聖山) 記事本文を読む
  • 大八木耕一<近代詩文書>「燃える」61センチ×242センチ 詩文を意図的に表現しようとした三部構成は見事。羊毛を駆使した弾力ある線質は雄大で呼吸の深さを感じる。(近藤北濤)
    大八木耕一<近代詩文書>「燃える」61センチ×242センチ 詩文を意図的に表現しようとした三部構成は見事。羊毛を駆使した弾力ある線質は雄大で呼吸の深さを感じる。(近藤北濤) 記事本文を読む
  • 鈴木鶴聲<近代詩文書>「啓蟄の宙」79センチ×182センチ 大胆な横展開と左上部の小書きで、紙面に大きなリズム感を与えた作。大字部の運筆は揺るぎなく観者を魅了する。(辻元大雲)
    鈴木鶴聲<近代詩文書>「啓蟄の宙」79センチ×182センチ 大胆な横展開と左上部の小書きで、紙面に大きなリズム感を与えた作。大字部の運筆は揺るぎなく観者を魅了する。(辻元大雲) 記事本文を読む
  • 野口万里子<近代詩文書>「無敵の魂」242センチ×61センチ 躍動する運腕のまま大胆無敵の開放である。動きに負けない線の沈潜も見られ他を圧する。淡墨のやわらぎも救い。(鈴木大有)
    野口万里子<近代詩文書>「無敵の魂」242センチ×61センチ 躍動する運腕のまま大胆無敵の開放である。動きに負けない線の沈潜も見られ他を圧する。淡墨のやわらぎも救い。(鈴木大有) 記事本文を読む

あわせて読みたい

注目の特集