特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

写真でたどる競泳・瀬戸大也の軌跡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
[1/28]
  • 【2019年 東京都オープン】男子200メートルバタフライ決勝で2位に入った瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場で2019年11月23日、宮間俊樹撮影
    【2019年 東京都オープン】男子200メートルバタフライ決勝で2位に入った瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場で2019年11月23日、宮間俊樹撮影 記事本文を読む
  • 【2021年 競泳日本選手権】男子200メートル個人メドレー決勝を制し笑顔の瀬戸大也(右)。左は2位の萩野公介=東京アクアティクスセンターで2021年4月8日、宮間俊樹撮影
    【2021年 競泳日本選手権】男子200メートル個人メドレー決勝を制し笑顔の瀬戸大也(右)。左は2位の萩野公介=東京アクアティクスセンターで2021年4月8日、宮間俊樹撮影 記事本文を読む
  • 【2021年 ジャパンオープン】男子400メートル個人メドレー予選、平泳ぎで萩野公介(奥)と競り合う瀬戸大也=東京アクアティクスセンターで2021年2月4日、梅村直承撮影
    【2021年 ジャパンオープン】男子400メートル個人メドレー予選、平泳ぎで萩野公介(奥)と競り合う瀬戸大也=東京アクアティクスセンターで2021年2月4日、梅村直承撮影 記事本文を読む
  • 【2010年 全国高校総体】競泳男子四百メートル個人メドレーで優勝した瀬戸大也(埼玉栄)=那覇市の奥武山水泳プールで2010年8月19日、野田武撮影
    【2010年 全国高校総体】競泳男子四百メートル個人メドレーで優勝した瀬戸大也(埼玉栄)=那覇市の奥武山水泳プールで2010年8月19日、野田武撮影 記事本文を読む
  • 【2012年 全国高校総体】競泳男子400メートル個人メドレーで優勝した埼玉栄の瀬戸大也のスタート=新潟県長岡市で2012年8月19日、小出洋平撮影
    【2012年 全国高校総体】競泳男子400メートル個人メドレーで優勝した埼玉栄の瀬戸大也のスタート=新潟県長岡市で2012年8月19日、小出洋平撮影 記事本文を読む
  • 【2012年 全国高校総体】競泳男子400メートル個人メドレーで優勝した埼玉栄・瀬戸大也のバタフライ=新潟県長岡市で2012年8月19、小出洋平撮影
    【2012年 全国高校総体】競泳男子400メートル個人メドレーで優勝した埼玉栄・瀬戸大也のバタフライ=新潟県長岡市で2012年8月19、小出洋平撮影 記事本文を読む
  • 【2012年 競泳W杯東京大会】男子400メートル個人メドレーを制した瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場で2012年11月6日、森田剛史撮影
    【2012年 競泳W杯東京大会】男子400メートル個人メドレーを制した瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場で2012年11月6日、森田剛史撮影 記事本文を読む
  • 【2014年 競泳日本選手権】競泳男子200メートルバタフライを平井健太(奥)と競り合い、制した瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場で2014年4月12日、梅村直承撮影
    【2014年 競泳日本選手権】競泳男子200メートルバタフライを平井健太(奥)と競り合い、制した瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場で2014年4月12日、梅村直承撮影 記事本文を読む
  • 【2014年 ジャパンオープン】男子200メートルバタフライで優勝し喜ぶ瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場で2014年6月21日、小松雄介撮影
    【2014年 ジャパンオープン】男子200メートルバタフライで優勝し喜ぶ瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場で2014年6月21日、小松雄介撮影 記事本文を読む
  • 【2014年 アジア大会】競泳男子400メートル個人メドレーで3位となり、優勝した萩野公介(左)と笑顔を見せる瀬戸大也=韓国・仁川の文鶴水泳場で2014年9月24日、小川昌宏撮影
    【2014年 アジア大会】競泳男子400メートル個人メドレーで3位となり、優勝した萩野公介(左)と笑顔を見せる瀬戸大也=韓国・仁川の文鶴水泳場で2014年9月24日、小川昌宏撮影 記事本文を読む
  • 【2015年 競泳世界選手権】男子400メートル個人メドレーで日本選手初の連覇を遂げた瀬戸大也=ロシア・カザンのカザンアリーナで2015年8月9日、梅村直承撮影
    【2015年 競泳世界選手権】男子400メートル個人メドレーで日本選手初の連覇を遂げた瀬戸大也=ロシア・カザンのカザンアリーナで2015年8月9日、梅村直承撮影 記事本文を読む
  • 【2019年 競泳W杯東京大会】男子400メートル個人メドレー決勝を制した瀬戸大也の平泳ぎ=東京都江東区の東京辰巳国際水泳場で2019年8月4日、久保玲撮影
    【2019年 競泳W杯東京大会】男子400メートル個人メドレー決勝を制した瀬戸大也の平泳ぎ=東京都江東区の東京辰巳国際水泳場で2019年8月4日、久保玲撮影 記事本文を読む
  • リオ五輪の壮行会で肩を組む萩野(中央右)と瀬戸(同左)=東京辰巳国際水泳場で2016年5月22日、梅村直承撮影
    リオ五輪の壮行会で肩を組む萩野(中央右)と瀬戸(同左)=東京辰巳国際水泳場で2016年5月22日、梅村直承撮影 記事本文を読む
  • 【2016年 リオ五輪】競泳男子400メートル個人メドレー予選、全体2位で決勝進出した瀬戸大也の平泳ぎ=リオデジャネイロの五輪水泳競技場で2016年8月6日、梅村直承撮影
    【2016年 リオ五輪】競泳男子400メートル個人メドレー予選、全体2位で決勝進出した瀬戸大也の平泳ぎ=リオデジャネイロの五輪水泳競技場で2016年8月6日、梅村直承撮影 記事本文を読む
  • 【2016年 リオ五輪】競泳男子400メートル個人メドレーの表彰式で、金メダルの萩野公介(右)と喜び合う銅メダルの瀬戸大也=リオデジャネイロの五輪水泳競技場で2016年8月6日、梅村直承撮影
    【2016年 リオ五輪】競泳男子400メートル個人メドレーの表彰式で、金メダルの萩野公介(右)と喜び合う銅メダルの瀬戸大也=リオデジャネイロの五輪水泳競技場で2016年8月6日、梅村直承撮影 記事本文を読む
  • 【2018年 ジャパンオープン】男子400メートル個人メドレーを制し萩野公介(手前)とたたえ合う瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場で2018年5月24日、梅村直承撮影
    【2018年 ジャパンオープン】男子400メートル個人メドレーを制し萩野公介(手前)とたたえ合う瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場で2018年5月24日、梅村直承撮影 記事本文を読む
  • 【2018年 アジア大会】競泳男子400メートル個人メドレー予選で泳ぐ瀬戸大也=ジャカルタで2018年8月22日、宮間俊樹撮影
    【2018年 アジア大会】競泳男子400メートル個人メドレー予選で泳ぐ瀬戸大也=ジャカルタで2018年8月22日、宮間俊樹撮影 記事本文を読む
  • 【2018年 パンパシフィック選手権】男子200メートルバタフライ決勝で優勝して喜ぶ瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場で2018年8月10日、佐々木順一撮影
    【2018年 パンパシフィック選手権】男子200メートルバタフライ決勝で優勝して喜ぶ瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場で2018年8月10日、佐々木順一撮影 記事本文を読む
  • 【2018年 ジャパンオープン】男子400メートル個人メドレー決勝、背泳ぎで萩野公介(手前)に差をつける瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場で2018年5月24日、梅村直承撮影
    【2018年 ジャパンオープン】男子400メートル個人メドレー決勝、背泳ぎで萩野公介(手前)に差をつける瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場で2018年5月24日、梅村直承撮影 記事本文を読む
  • 【2018年 アジア大会】競泳男子200メートルバタフライで優勝した瀬戸大也=ジャカルタで2018年8月19日、宮間俊樹撮影
    【2018年 アジア大会】競泳男子200メートルバタフライで優勝した瀬戸大也=ジャカルタで2018年8月19日、宮間俊樹撮影 記事本文を読む
  • 【2019年 競泳日本選手権】競泳男子400メートル個人メドレーを制した瀬戸大也のバタフライ=東京辰巳国際水泳場で2019年4月8日、梅村直承撮影
    【2019年 競泳日本選手権】競泳男子400メートル個人メドレーを制した瀬戸大也のバタフライ=東京辰巳国際水泳場で2019年4月8日、梅村直承撮影 記事本文を読む
  • 【2019年 日本短水路選手権】男子400メートル個人メドレーを日本新記録で制するも、わずかに世界記録に及ばず悔しがる瀬戸大也=辰巳国際水泳場で2019年10月26日、梅村直承撮影
    【2019年 日本短水路選手権】男子400メートル個人メドレーを日本新記録で制するも、わずかに世界記録に及ばず悔しがる瀬戸大也=辰巳国際水泳場で2019年10月26日、梅村直承撮影 記事本文を読む
  • 【2019年 競泳日本選手権(短水路)】男子400メートル個人メドレー決勝を日本新記録で制するもわずかに世界記録に及ばず天を仰ぐ瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場で2019年10月26日、梅村直承撮影
    【2019年 競泳日本選手権(短水路)】男子400メートル個人メドレー決勝を日本新記録で制するもわずかに世界記録に及ばず天を仰ぐ瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場で2019年10月26日、梅村直承撮影 記事本文を読む
  • 【2020年 コナミオープン】男子100メートル平泳ぎ決勝を制した瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場で2020年2月16日、梅村直承撮影
    【2020年 コナミオープン】男子100メートル平泳ぎ決勝を制した瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場で2020年2月16日、梅村直承撮影 記事本文を読む
  • 競泳の日本代表合宿で練習に臨む瀬戸大也=長野県東御市のGMOアスリーツパーク湯の丸で2021年6月22日(代表撮影)
    競泳の日本代表合宿で練習に臨む瀬戸大也=長野県東御市のGMOアスリーツパーク湯の丸で2021年6月22日(代表撮影) 記事本文を読む
  • 【2021年 競泳日本選手権】男子400メートル個人メドレー決勝を制した瀬戸大也の背泳ぎ=東京アクアティクスセンターで2021年4月3日、大西岳彦撮影
    【2021年 競泳日本選手権】男子400メートル個人メドレー決勝を制した瀬戸大也の背泳ぎ=東京アクアティクスセンターで2021年4月3日、大西岳彦撮影 記事本文を読む
  • 【2021年 東京都オープン】男子200メートルバタフライ決勝で6位に終わった瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場で2021年2月21日(代表撮影)
    【2021年 東京都オープン】男子200メートルバタフライ決勝で6位に終わった瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場で2021年2月21日(代表撮影) 記事本文を読む
  • 競泳の日本代表合宿で練習に臨む瀬戸大也=長野県東御市のGMOアスリーツパーク湯の丸で2021年6月22日(代表撮影)
    競泳の日本代表合宿で練習に臨む瀬戸大也=長野県東御市のGMOアスリーツパーク湯の丸で2021年6月22日(代表撮影) 記事本文を読む

あわせて読みたい

注目の特集