読む写真

外国人にワクチン接種 言葉の壁、ツールで解消 大阪の支援会社

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
[1/10]
  • 新型コロナウイルスのワクチン接種を受けるベトナム人留学生のグェン・ティ・フォンさん。エール学園で日本語を学んでいる。「母国の家族も心配していたので、接種したことを連絡したい。コロナが早く収まり、すべての授業を対面で受けたい」と話す=大阪市浪速区の外国人就労支援施設「YOLO BASE」で2021年9月12日、北村隆夫撮影
    新型コロナウイルスのワクチン接種を受けるベトナム人留学生のグェン・ティ・フォンさん。エール学園で日本語を学んでいる。「母国の家族も心配していたので、接種したことを連絡したい。コロナが早く収まり、すべての授業を対面で受けたい」と話す=大阪市浪速区の外国人就労支援施設「YOLO BASE」で2021年9月12日、北村隆夫撮影 記事本文を読む
  • YOLO JAPANが開発し、無料でインターネット上に開放されている17の外国語に対応した予診票記入ツール。接種に訪れたネパール人は母国語を選んだ=大阪市浪速区で2021年9月12日、北村隆夫撮影
    YOLO JAPANが開発し、無料でインターネット上に開放されている17の外国語に対応した予診票記入ツール。接種に訪れたネパール人は母国語を選んだ=大阪市浪速区で2021年9月12日、北村隆夫撮影 記事本文を読む
  • 会場入り口で予診票を持っているかどうかを多言語で確認するスタッフ=大阪市浪速区で2021年9月12日、北村隆夫撮影
    会場入り口で予診票を持っているかどうかを多言語で確認するスタッフ=大阪市浪速区で2021年9月12日、北村隆夫撮影 記事本文を読む
  • 多言語で新型コロナウイルスワクチンの予診票の書き方をサポートするスタッフ(右)=大阪市浪速区で2021年9月12日、北村隆夫撮影
    多言語で新型コロナウイルスワクチンの予診票の書き方をサポートするスタッフ(右)=大阪市浪速区で2021年9月12日、北村隆夫撮影 記事本文を読む
  • レストランを休業して設けられた会場で在留外国人や地域住民を対象に実施された新型コロナワクチンの職域接種=大阪市浪速区で2021年9月12日、北村隆夫撮影
    レストランを休業して設けられた会場で在留外国人や地域住民を対象に実施された新型コロナワクチンの職域接種=大阪市浪速区で2021年9月12日、北村隆夫撮影 記事本文を読む
  • 受付の上には、ワクチン接種後に身体の異変があるときの電話相談窓口が英語でも表示された=大阪市浪速区で2021年9月12日、北村隆夫撮影
    受付の上には、ワクチン接種後に身体の異変があるときの電話相談窓口が英語でも表示された=大阪市浪速区で2021年9月12日、北村隆夫撮影 記事本文を読む
  • 受付で検温する英国人のビリンガム・ダニエルさん=大阪市浪速区で2021年9月12日、北村隆夫撮影
    受付で検温する英国人のビリンガム・ダニエルさん=大阪市浪速区で2021年9月12日、北村隆夫撮影 記事本文を読む
  • ワクチン接種の前には医師(右)による予診も行われる=大阪市浪速区で2021年9月12日、北村隆夫撮影
    ワクチン接種の前には医師(右)による予診も行われる=大阪市浪速区で2021年9月12日、北村隆夫撮影 記事本文を読む
  • 新型コロナウイルスのワクチン接種をするスリランカ人の会社員、カルナラタナアラッチゲー・サンドゥニヒロシニさん。通勤の電車で人が多く心配だったが、ワクチンが打てて安心したと話した=大阪市浪速区で2021年9月12日、北村隆夫撮影
    新型コロナウイルスのワクチン接種をするスリランカ人の会社員、カルナラタナアラッチゲー・サンドゥニヒロシニさん。通勤の電車で人が多く心配だったが、ワクチンが打てて安心したと話した=大阪市浪速区で2021年9月12日、北村隆夫撮影 記事本文を読む
  • ワクチン接種後に経過観察スペースで距離を取って休む人たち=大阪市浪速区で2021年9月12日、北村隆夫撮影
    ワクチン接種後に経過観察スペースで距離を取って休む人たち=大阪市浪速区で2021年9月12日、北村隆夫撮影 記事本文を読む
  • 新型コロナウイルスのワクチン接種を受けるベトナム人留学生のグェン・ティ・フォンさん。エール学園で日本語を学んでいる。「母国の家族も心配していたので、接種したことを連絡したい。コロナが早く収まり、すべての授業を対面で受けたい」と話す=大阪市浪速区の外国人就労支援施設「YOLO BASE」で2021年9月12日、北村隆夫撮影
  • YOLO JAPANが開発し、無料でインターネット上に開放されている17の外国語に対応した予診票記入ツール。接種に訪れたネパール人は母国語を選んだ=大阪市浪速区で2021年9月12日、北村隆夫撮影
  • 会場入り口で予診票を持っているかどうかを多言語で確認するスタッフ=大阪市浪速区で2021年9月12日、北村隆夫撮影
  • 多言語で新型コロナウイルスワクチンの予診票の書き方をサポートするスタッフ(右)=大阪市浪速区で2021年9月12日、北村隆夫撮影
  • レストランを休業して設けられた会場で在留外国人や地域住民を対象に実施された新型コロナワクチンの職域接種=大阪市浪速区で2021年9月12日、北村隆夫撮影
  • 受付の上には、ワクチン接種後に身体の異変があるときの電話相談窓口が英語でも表示された=大阪市浪速区で2021年9月12日、北村隆夫撮影
  • 受付で検温する英国人のビリンガム・ダニエルさん=大阪市浪速区で2021年9月12日、北村隆夫撮影
  • ワクチン接種の前には医師(右)による予診も行われる=大阪市浪速区で2021年9月12日、北村隆夫撮影
  • 新型コロナウイルスのワクチン接種をするスリランカ人の会社員、カルナラタナアラッチゲー・サンドゥニヒロシニさん。通勤の電車で人が多く心配だったが、ワクチンが打てて安心したと話した=大阪市浪速区で2021年9月12日、北村隆夫撮影
  • ワクチン接種後に経過観察スペースで距離を取って休む人たち=大阪市浪速区で2021年9月12日、北村隆夫撮影

あわせて読みたい

ニュース特集