写真でたどる、沖縄復帰50年/1972~2022

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
[4/26]
  • <「地獄絵図」の地上戦> 約20万人の死者を出した沖縄戦。当時の県民の4人に1人に当たる約12万人が亡くなった=沖縄県公文書館所蔵
    <「地獄絵図」の地上戦> 約20万人の死者を出した沖縄戦。当時の県民の4人に1人に当たる約12万人が亡くなった=沖縄県公文書館所蔵
  • <日本主権回復、沖縄は…> 1951年9月8日、サンフランシスコ講和条約に調印する吉田茂首相(当時、前列中央)。日本は52年4月28日に主権を回復するが、沖縄・奄美・小笠原は米国施政下に
    <日本主権回復、沖縄は…> 1951年9月8日、サンフランシスコ講和条約に調印する吉田茂首相(当時、前列中央)。日本は52年4月28日に主権を回復するが、沖縄・奄美・小笠原は米国施政下に
  • <米軍機墜落、児童が犠牲に> 1959年6月30日、宮森小学校に米軍機が墜落。児童ら17人が死亡
    <米軍機墜落、児童が犠牲に> 1959年6月30日、宮森小学校に米軍機が墜落。児童ら17人が死亡
  • <コザ騒動、米兵事故に怒り> 1970年12月20日、沖縄本島中部の街・コザで米兵の車が起こした人身事故をきっかけに民衆が怒りを爆発。路上にあった米軍車両に次々と火を付けた=70年12月21日
    <コザ騒動、米兵事故に怒り> 1970年12月20日、沖縄本島中部の街・コザで米兵の車が起こした人身事故をきっかけに民衆が怒りを爆発。路上にあった米軍車両に次々と火を付けた=70年12月21日
  • <返還協定、日米同時に調印式> 沖縄返還協定が調印。調印式は東京、ワシントンで同時に行われた。写真は首相官邸で行われた式典で署名する愛知揆一外相(右)。左はマイヤー米大使(いずれも当時)=1971年6月17日、景山日出夫撮影
    <返還協定、日米同時に調印式> 沖縄返還協定が調印。調印式は東京、ワシントンで同時に行われた。写真は首相官邸で行われた式典で署名する愛知揆一外相(右)。左はマイヤー米大使(いずれも当時)=1971年6月17日、景山日出夫撮影
  • <強行採決、沖縄に基地残す> 1971年11月17日、衆院特別委で自民党が沖縄返還協定承認案を強行採決。この特別委での可決によって、沖縄は多くの米軍基地を残したまま72年に日本復帰することが決定的に=国会で
    <強行採決、沖縄に基地残す> 1971年11月17日、衆院特別委で自民党が沖縄返還協定承認案を強行採決。この特別委での可決によって、沖縄は多くの米軍基地を残したまま72年に日本復帰することが決定的に=国会で
  • <本土復帰、ここから> 1972年5月15日、沖縄が本土復帰 本土復帰を報じる毎日新聞朝刊
    <本土復帰、ここから> 1972年5月15日、沖縄が本土復帰 本土復帰を報じる毎日新聞朝刊
  • <沖縄国際海洋博覧会が開幕> 半潜水浮遊式海洋構造物のアクアポリス(海上都市)は最も人気のある施設となった。道路整備は進むが、来場者低迷で不況も=1975年7月(開幕前に撮影)
    <沖縄国際海洋博覧会が開幕> 半潜水浮遊式海洋構造物のアクアポリス(海上都市)は最も人気のある施設となった。道路整備は進むが、来場者低迷で不況も=1975年7月(開幕前に撮影)
  • <具志堅用高さんがボクシング世界ジュニアフライ級王者に> チャンピオン、ファン・グスマン(ドミニカ共和国)に7回KO勝ちし、リング上で喜ぶ具志堅用高。プロ入り9戦目、世界初挑戦で日本史上15人目の世界チャンピオンとなった=1976年10月10日
    <具志堅用高さんがボクシング世界ジュニアフライ級王者に> チャンピオン、ファン・グスマン(ドミニカ共和国)に7回KO勝ちし、リング上で喜ぶ具志堅用高。プロ入り9戦目、世界初挑戦で日本史上15人目の世界チャンピオンとなった=1976年10月10日
  • <車両の通行方式が日本式の左側通行に> 1978年7月30日午前6時から日本式に。「730(ナナサンマル)」と呼ばれる。変更を前に那覇市内には通行禁止の標識がたてられた
    <車両の通行方式が日本式の左側通行に> 1978年7月30日午前6時から日本式に。「730(ナナサンマル)」と呼ばれる。変更を前に那覇市内には通行禁止の標識がたてられた
  • <ヤンバルクイナ発見> 1981年、沖縄本島北部で新種の鳥が発見される。同年11月、「ヤンバルクイナ」と命名し、発表された
    <ヤンバルクイナ発見> 1981年、沖縄本島北部で新種の鳥が発見される。同年11月、「ヤンバルクイナ」と命名し、発表された
  • <首里城復元> 1992年11月3日、沖縄戦で破壊された首里城正殿が復元され公開
    <首里城復元> 1992年11月3日、沖縄戦で破壊された首里城正殿が復元され公開
  • <天皇陛下が沖縄訪問> 1993年4月23日、天皇陛下が全国植樹祭出席のため、歴代天皇で初めて沖縄を訪問。写真はひめゆりの塔に献花する天皇・皇后両陛下
    <天皇陛下が沖縄訪問> 1993年4月23日、天皇陛下が全国植樹祭出席のため、歴代天皇で初めて沖縄を訪問。写真はひめゆりの塔に献花する天皇・皇后両陛下
  • <米兵による少女暴行事件で県民総決起大会> 1995年10月21日、米兵による少女暴行事件に抗議する県民総決起大会が宜野湾市で開かれ、約8万5000人(主催者発表)が終結した
    <米兵による少女暴行事件で県民総決起大会> 1995年10月21日、米兵による少女暴行事件に抗議する県民総決起大会が宜野湾市で開かれ、約8万5000人(主催者発表)が終結した
  • <海上ヘリポート建設で名護市市民投票> 1997年12月21日、名護市の市民投票で海上ヘリポート建設反対が過半数。3日後に比嘉鉄也名護市長が受け入れを表明し、辞任。写真は反対票が賛成票を上回り、喜ぶ反対派の市民ら
    <海上ヘリポート建設で名護市市民投票> 1997年12月21日、名護市の市民投票で海上ヘリポート建設反対が過半数。3日後に比嘉鉄也名護市長が受け入れを表明し、辞任。写真は反対票が賛成票を上回り、喜ぶ反対派の市民ら
  • <沖縄尚学がセンバツ初優勝> 1999年4月4日、沖縄尚学がセンバツ高校野球で初優勝。沖縄県勢初の全国制覇。写真は紫紺の優勝旗を手にした沖縄尚学の比嘉寿光主将
    <沖縄尚学がセンバツ初優勝> 1999年4月4日、沖縄尚学がセンバツ高校野球で初優勝。沖縄県勢初の全国制覇。写真は紫紺の優勝旗を手にした沖縄尚学の比嘉寿光主将
  • <九州・沖縄サミット開幕> 2000年7月21日、九州・沖縄サミットが開幕。森喜朗首相やクリントン米大統領らが出席した。写真は九州・沖縄サミットの歓迎レセプションで熱唱する安室奈美恵さん。この年、沖縄ブームが到来した
    <九州・沖縄サミット開幕> 2000年7月21日、九州・沖縄サミットが開幕。森喜朗首相やクリントン米大統領らが出席した。写真は九州・沖縄サミットの歓迎レセプションで熱唱する安室奈美恵さん。この年、沖縄ブームが到来した
  • <沖縄美ら海水族館が開館> 2002年11月1日、沖縄美ら海水族館が開館。沖縄の本土復帰30周年記念事業として建設された。写真はジンベイザメが悠々と泳ぐ水族館の大水槽
    <沖縄美ら海水族館が開館> 2002年11月1日、沖縄美ら海水族館が開館。沖縄の本土復帰30周年記念事業として建設された。写真はジンベイザメが悠々と泳ぐ水族館の大水槽
  • <大学に米軍ヘリ墜落> 2004年8月13日、米軍普天間飛行場に隣接する沖縄国際大学に米軍ヘリが墜落。写真はクレーンでつり上げられる米軍ヘリの機体後部
    <大学に米軍ヘリ墜落> 2004年8月13日、米軍普天間飛行場に隣接する沖縄国際大学に米軍ヘリが墜落。写真はクレーンでつり上げられる米軍ヘリの機体後部
  • <11万人が沖縄県民大会で抗議> 2007年9月29日、沖縄戦の集団自決を巡る教科書検定意見の撤回を求める県民大会に、過去最大規模の約11万人(主催者発表)。写真は会場を埋め尽くした大勢の参加者たち
    <11万人が沖縄県民大会で抗議> 2007年9月29日、沖縄戦の集団自決を巡る教科書検定意見の撤回を求める県民大会に、過去最大規模の約11万人(主催者発表)。写真は会場を埋め尽くした大勢の参加者たち
  • <興南が春夏連覇> 2010年8月21日、興南が夏の甲子園で沖縄県勢初の優勝。春夏連覇を達成。写真は優勝を決め、喜ぶ興南の島袋洋奨(左から2人目)と山川大輔(左から3人目)
    <興南が春夏連覇> 2010年8月21日、興南が夏の甲子園で沖縄県勢初の優勝。春夏連覇を達成。写真は優勝を決め、喜ぶ興南の島袋洋奨(左から2人目)と山川大輔(左から3人目)
  • <オスプレイが不時着、大破> 2016年12月13日、米軍オスプレイが名護市沿岸で不時着、大破。写真は不時着したオスプレイのコックピット部分
    <オスプレイが不時着、大破> 2016年12月13日、米軍オスプレイが名護市沿岸で不時着、大破。写真は不時着したオスプレイのコックピット部分
  • <辺野古沿岸部に土砂投入> 2018年12月14日、政府が辺野古沿岸部の埋め立てを開始。サンゴの海にダンプカーから次々と土砂が投入された
    <辺野古沿岸部に土砂投入> 2018年12月14日、政府が辺野古沿岸部の埋め立てを開始。サンゴの海にダンプカーから次々と土砂が投入された
  • <辺野古埋め立ての賛否問う県民投票> 2019年2月24日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を巡り、埋め立ての賛否を問う県民投票が実施される。埋め立てに反対が7割超。政府は工事を継続
    <辺野古埋め立ての賛否問う県民投票> 2019年2月24日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を巡り、埋め立ての賛否を問う県民投票が実施される。埋め立てに反対が7割超。政府は工事を継続
  • <首里城焼失> 2019年10月31日、首里城で火災、正殿など焼失。翌日、焼け落ちた首里城(奥)が見える場所で、下校する小学生たちも足を止めて見守った
    <首里城焼失> 2019年10月31日、首里城で火災、正殿など焼失。翌日、焼け落ちた首里城(奥)が見える場所で、下校する小学生たちも足を止めて見守った
  • <東京五輪で喜友名諒選手が金> 2021年8月6日、東京オリンピック空手・形で喜友名諒選手が金メダル獲得。沖縄出身者では初
    <東京五輪で喜友名諒選手が金> 2021年8月6日、東京オリンピック空手・形で喜友名諒選手が金メダル獲得。沖縄出身者では初
  • <「地獄絵図」の地上戦> 約20万人の死者を出した沖縄戦。当時の県民の4人に1人に当たる約12万人が亡くなった=沖縄県公文書館所蔵
  • <日本主権回復、沖縄は…> 1951年9月8日、サンフランシスコ講和条約に調印する吉田茂首相(当時、前列中央)。日本は52年4月28日に主権を回復するが、沖縄・奄美・小笠原は米国施政下に
  • <米軍機墜落、児童が犠牲に> 1959年6月30日、宮森小学校に米軍機が墜落。児童ら17人が死亡
  • <コザ騒動、米兵事故に怒り> 1970年12月20日、沖縄本島中部の街・コザで米兵の車が起こした人身事故をきっかけに民衆が怒りを爆発。路上にあった米軍車両に次々と火を付けた=70年12月21日
  • <返還協定、日米同時に調印式> 沖縄返還協定が調印。調印式は東京、ワシントンで同時に行われた。写真は首相官邸で行われた式典で署名する愛知揆一外相(右)。左はマイヤー米大使(いずれも当時)=1971年6月17日、景山日出夫撮影
  • <強行採決、沖縄に基地残す> 1971年11月17日、衆院特別委で自民党が沖縄返還協定承認案を強行採決。この特別委での可決によって、沖縄は多くの米軍基地を残したまま72年に日本復帰することが決定的に=国会で
  • <本土復帰、ここから> 1972年5月15日、沖縄が本土復帰 本土復帰を報じる毎日新聞朝刊
  • <沖縄国際海洋博覧会が開幕> 半潜水浮遊式海洋構造物のアクアポリス(海上都市)は最も人気のある施設となった。道路整備は進むが、来場者低迷で不況も=1975年7月(開幕前に撮影)
  • <具志堅用高さんがボクシング世界ジュニアフライ級王者に> チャンピオン、ファン・グスマン(ドミニカ共和国)に7回KO勝ちし、リング上で喜ぶ具志堅用高。プロ入り9戦目、世界初挑戦で日本史上15人目の世界チャンピオンとなった=1976年10月10日
  • <車両の通行方式が日本式の左側通行に> 1978年7月30日午前6時から日本式に。「730(ナナサンマル)」と呼ばれる。変更を前に那覇市内には通行禁止の標識がたてられた
  • <ヤンバルクイナ発見> 1981年、沖縄本島北部で新種の鳥が発見される。同年11月、「ヤンバルクイナ」と命名し、発表された
  • <首里城復元> 1992年11月3日、沖縄戦で破壊された首里城正殿が復元され公開
  • <天皇陛下が沖縄訪問> 1993年4月23日、天皇陛下が全国植樹祭出席のため、歴代天皇で初めて沖縄を訪問。写真はひめゆりの塔に献花する天皇・皇后両陛下
  • <米兵による少女暴行事件で県民総決起大会> 1995年10月21日、米兵による少女暴行事件に抗議する県民総決起大会が宜野湾市で開かれ、約8万5000人(主催者発表)が終結した
  • <海上ヘリポート建設で名護市市民投票> 1997年12月21日、名護市の市民投票で海上ヘリポート建設反対が過半数。3日後に比嘉鉄也名護市長が受け入れを表明し、辞任。写真は反対票が賛成票を上回り、喜ぶ反対派の市民ら
  • <沖縄尚学がセンバツ初優勝> 1999年4月4日、沖縄尚学がセンバツ高校野球で初優勝。沖縄県勢初の全国制覇。写真は紫紺の優勝旗を手にした沖縄尚学の比嘉寿光主将
  • <九州・沖縄サミット開幕> 2000年7月21日、九州・沖縄サミットが開幕。森喜朗首相やクリントン米大統領らが出席した。写真は九州・沖縄サミットの歓迎レセプションで熱唱する安室奈美恵さん。この年、沖縄ブームが到来した
  • <沖縄美ら海水族館が開館> 2002年11月1日、沖縄美ら海水族館が開館。沖縄の本土復帰30周年記念事業として建設された。写真はジンベイザメが悠々と泳ぐ水族館の大水槽
  • <大学に米軍ヘリ墜落> 2004年8月13日、米軍普天間飛行場に隣接する沖縄国際大学に米軍ヘリが墜落。写真はクレーンでつり上げられる米軍ヘリの機体後部
  • <11万人が沖縄県民大会で抗議> 2007年9月29日、沖縄戦の集団自決を巡る教科書検定意見の撤回を求める県民大会に、過去最大規模の約11万人(主催者発表)。写真は会場を埋め尽くした大勢の参加者たち
  • <興南が春夏連覇> 2010年8月21日、興南が夏の甲子園で沖縄県勢初の優勝。春夏連覇を達成。写真は優勝を決め、喜ぶ興南の島袋洋奨(左から2人目)と山川大輔(左から3人目)
  • <オスプレイが不時着、大破> 2016年12月13日、米軍オスプレイが名護市沿岸で不時着、大破。写真は不時着したオスプレイのコックピット部分
  • <辺野古沿岸部に土砂投入> 2018年12月14日、政府が辺野古沿岸部の埋め立てを開始。サンゴの海にダンプカーから次々と土砂が投入された
  • <辺野古埋め立ての賛否問う県民投票> 2019年2月24日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を巡り、埋め立ての賛否を問う県民投票が実施される。埋め立てに反対が7割超。政府は工事を継続
  • <首里城焼失> 2019年10月31日、首里城で火災、正殿など焼失。翌日、焼け落ちた首里城(奥)が見える場所で、下校する小学生たちも足を止めて見守った
  • <東京五輪で喜友名諒選手が金> 2021年8月6日、東京オリンピック空手・形で喜友名諒選手が金メダル獲得。沖縄出身者では初

あわせて読みたい

関連記事

ニュース特集