湯船につかって渋みもすっきり 「あおし柿」作り本格化 鹿児島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
[1/4]
  • 温泉に柿をつける西田隆三さん=鹿児島県さつま町紫尾の区営大衆浴場で2022年10月21日午後1時28分、梅山崇撮影
    温泉に柿をつける西田隆三さん=鹿児島県さつま町紫尾の区営大衆浴場で2022年10月21日午後1時28分、梅山崇撮影
  • ネットに入った“入浴”直前の渋柿=鹿児島県さつま町で2021年10月21日午後1時26分、梅山崇撮影
    ネットに入った“入浴”直前の渋柿=鹿児島県さつま町で2021年10月21日午後1時26分、梅山崇撮影
  • 温泉に柿を沈める棒や板=鹿児島県さつま町で2022年10月21日午後1時27分、梅山崇撮影
    温泉に柿を沈める棒や板=鹿児島県さつま町で2022年10月21日午後1時27分、梅山崇撮影
  • 紫尾温泉の出入り口に貼られた案内文。大人200円で入浴できる昔ながらの温泉だ=鹿児島県さつま町で2022年10月21日午後1時14分、梅山崇撮影
    紫尾温泉の出入り口に貼られた案内文。大人200円で入浴できる昔ながらの温泉だ=鹿児島県さつま町で2022年10月21日午後1時14分、梅山崇撮影
  • 温泉に柿をつける西田隆三さん=鹿児島県さつま町紫尾の区営大衆浴場で2022年10月21日午後1時28分、梅山崇撮影
  • ネットに入った“入浴”直前の渋柿=鹿児島県さつま町で2021年10月21日午後1時26分、梅山崇撮影
  • 温泉に柿を沈める棒や板=鹿児島県さつま町で2022年10月21日午後1時27分、梅山崇撮影
  • 紫尾温泉の出入り口に貼られた案内文。大人200円で入浴できる昔ながらの温泉だ=鹿児島県さつま町で2022年10月21日午後1時14分、梅山崇撮影

あわせて読みたい

ニュース特集