メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新編集講座ウェブ版

  • (156)もう一つの「安倍首相辞任」

    安倍晋三首相が8月28日、辞任の意向を表明しました。私は現在、制作技術部門の仕事をしているので、辞任表明をめぐる速報や紙面制作に直接携わってはいません。しかし、…

  • (155)夏の思い出 駆け出し記者泣き笑い

    今日から9月。学校に通っていた頃は、「また授業が始まる」と憂鬱になりながら、夏の思い出を振り返ったものでした。夏に出会いや変わった経験をするのは、就職後もあった…

  • (154)記者も夢見た甲子園 (下)

    前回に続き、私が宇都宮支局の若手記者だった1982年夏に、甲子園球場で夏の全国高校野球を取材して、地域面の記事を書いた経験を振り返ります。私は、栃木県代表の足利…

  • (153)記者も夢見た甲子園 (上)

    新型コロナの影響は高校野球にも及び、夏の全国選手権大会が中止になる一方、同じく中止になった春の選抜大会の代替として、「2020年甲子園高校野球交流試合」が今月1…

  • (152)祇園祭再び 古都の夜の夢

    京都に夏を告げる祇園祭は今年、新型コロナの影響により、山鉾(やまぼこ)巡行の中止など、規模が縮小されることになりました。関西一円の人間にとって、祇園祭は単なる夏…

  • (151)三井三池と鶴見事故

    大事件は不思議と重なります。前回の新編集講座「天安門事件、紙面作りの原点」では、同事件とイランのホメイニ師死去が重なったことや、過去の実例として、三井三池炭鉱の…

  • (150)天安門事件、紙面作りの原点

    中国で市民の民主化要求を政府が武力鎮圧した1989年6月4日の天安門事件から31年。私はこの時、大阪本社整理部(現・編集制作センター)の編集者として、同時進行で…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  3. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

  4. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです