アプリ版紙面ビューアー

iOS 8 または Android 4.1 以降対応

『毎日新聞』『刊行物』ボタン

新聞と刊行物の表示を切り替えることができます。
「毎日新聞」紙面をご利用の場合は「毎日新聞」をタップします。

ホーム画面

ホーム画面の上部には、各本支社の朝刊・夕刊を表示しています。ほかの本支社の新聞をご覧になりたいときは、ページ上部で指を左右にスワイプ(横に動かす)して移動してください。ご覧になりたい新聞をタップ(指先で軽く画面をたたく)するとデータがダウンロードされます。新聞の下にある日付やカレンダーのアイコンをタップすると、その新聞の当日を含めて7日分が表示されます。

ホーム画面の下部には、「今日の一面」「日曜版(日曜くらぶ)」「地域面」「号外」を表示しています。「今日の一面」は、東京本社発行のその日の朝刊の一面を収録しています。「日曜版」は東京本社発行版、大阪本社発行版の二つあります。「地域面」をタップすると、沖縄を除く46都道府県版(一部の府県では複数)の地域面が表示されますので、ご覧になりたい紙面をタップしてください。「号外」は最近の10回分を収録しています。

紙面閲覧画面

めくる

紙面閲覧画面で、指を左右にスワイプすると、ページをめくれます。左から右にスワイプすると次のページに、右から左にスワイプすると前のページに移動します。

拡大

紙面閲覧画面で、ご覧になりたい記事をダブルタップ(指先で2回軽くたたく)すると当該記事が拡大表示されます。東京本社発行の朝夕刊では、記事を拡大表示した状態から、記事のスクラップ、テキストでの表示、ウェブサイトへの移動ができます。もう一度ダブルタップすると、元の表示に戻ります。

ツールバー

紙面閲覧画面で、画面を1回タップ(指先を軽くたたく)すると上下にツールバーが表示されます。iOSは画面左上の「戻る」で、Androidは端末のバックボタンでホーム画面に戻ります。

メニュー

■iOS の場合

画面右上の「メニュー」をタップするとメニューを表示します。メニューでは「検索」「スクラップ帳」「お気に入り」など各種機能が利用できます。


■Android 版

端末本体のメニューボタンを押すとメニューが表示されます。メニューでは「検索」「スクラップ帳」「お気に入り」など各種機能が利用できます。
※OS のバージョン、機種により異なります。

設定

画面右下の「設定」「歯車」をタップすると、地域やダブルタップ時の拡大率の設定ができます。地域を設定することで、ホーム画面に表示される紙面の地域をカスタマイズできます。

ページ移動

紙面閲覧画面の下部に表示されている矢印をタップすることでもページをめくれます。ページ数や矢印をタップするとページ一覧が表示され、ページ移動が便利になります。

検索

「検索」では、ページ上部の検索枠に単語を入力して記事の検索ができます。検索できるのは東京本社発行の朝夕刊のみです。
「この媒体」は、メニューを開く前にご覧になっていた新聞(たとえば東京朝刊)を示します。「全媒体」は東京朝刊と東京夕刊のことです。ご覧になっていたのが東京朝刊の場合、「この媒体」を選ぶ(ボタンが白くなります)と、ダウンロード済みの東京朝刊を対象とした検索結果が表示されます。「全媒体」ではダウンロード済みの東京朝刊、夕刊を検索した一覧が表示されます。

スクラップ帳

「スクラップ帳」では、「スクラップ」で保存した記事を一覧できます。記事は紙面掲載のイメージ(切り抜き)のほか、横書きのテキストでも表示できます。

お気に入り

「お気に入り」では、気になる単語をあらかじめ登録することで、その単語を含む記事の見出しを見出し一覧でハイライト表示させ、興味のあるニュースを見逃さないようすることができます。 気になる単語は、画面右上の「編集」から「新規登録」と進んで登録します。登録後、右上の「完了」をタップしてください。「お気に入り」の画面に登録した単語が示されますので、その単語をタップすると一覧が表示されます。

「この媒体」は、メニューを開く前にご覧になっていた新聞(たとえば東京朝刊)を示します。「全媒体」は東京朝刊と東京夕刊のことです。ご覧になっていたのが東京朝刊の場合、「この媒体」を選ぶ(ボタンが白くなります)と、ダウンロード済みの東京朝刊を対象とした検索結果が表示されます。「全媒体」ではダウンロード済みの東京朝刊、夕刊を検索した一覧が表示されます。

作ってすぐにこんなに使える!
毎日IDを作ろう

毎日IDは、毎日新聞デジタルをご利用いただく際に
必要なアカウントです。
プランへのお申し込みで毎日IDも登録できます。

  • 使えるフォロー

    フォロー機能で、見たいニュースもサクサク読めます。

  • ニュースメール

    朝、昼、夕にお届けするメールで、大事な情報も逃しません。