メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

石田衣良さんの連載小説「炎のなかへ」は、太平洋戦争末期の1945年3月10日、東京大空襲のさなか、家族を救おうと奮闘する少年の物語です。石田さんが初めて戦争に取り組むファンタジー小説。挿絵は「ドラゴンヘッド」などで知られる漫画家、望月ミネタロウさんです。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  2. 児童虐待防止 「もう耐えられない」タレントら要望書提出
  3. 沖縄 翁長知事、辺野古埋め立て承認を撤回へ
  4. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  5. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです