特集 鶏卵汚職

特集

鶏卵汚職

農相在任中に賄賂を受け取ったとして収賄罪に問われた吉川貴盛元衆院議員に対し、地裁が有罪判決。背景に迫ります。

  • ピックアップ
  • 新着記事
  • 基礎からわかる

ピックアップ

新着記事

基礎からわかる

 農相在任中に計500万円の賄賂を受け取ったとして収賄罪に問われた元衆院議員、吉川貴盛被告(71)に対し、東京地裁は5月26日、懲役2年6月、執行猶予4年、追徴金500万円(求刑・懲役2年6月、追徴金500万円)の判決を言い渡した。吉川元農相は「賄賂ではなく政治献金の認識だった」と無罪を主張したが、向井香津子裁判長は全額を賄賂と認定し、「職務の公正さに対する国民の信頼を大きく害した」と非難した。

 判決によると、吉川元農相は大臣在任中の2018年11月~19年8月、大手鶏卵生産会社「アキタフーズ」(広島県福山市)グループの秋田善祺(よしき)元代表(88)=贈賄罪などで有罪確定=から、3回にわたり現金計500万円を受け取った。

 吉川元農相は6月8日、控訴を断念したことを明らかにした。公判では無罪を主張していたが、弁護人を通じてコメントを出し「体調も芳しくなく、これ以上関係者の皆様に心配やご迷惑をかけることはできない」とした。

500万円、なぜ?

2017年衆院選前の集会で、菅義偉官房長官(右、当時)の応援を受ける吉川貴盛元農相=札幌市中央区で17年10月1日、梅村直承撮影

 関係者によると、最初の授受は18年11月21日。家畜をストレスのない状態で飼育する「アニマルウェルフェア(動物福祉)」を巡り、日本の養鶏業界に厳しい国際基準案が示されており、秋田元代表は農水省として反対意見を取りまとめてほしいとの趣旨で、東京都内のホテルで200万円を渡したとされる。

 農水省は19年1月以降、基準案に反対する意見を表明した。秋田元代表は19年3月26日、反対への謝礼として大臣室で吉川元農相に200万円を提供。さらに19年8月2日には、日本政策金融公庫の中小養鶏業者に対する貸し付け条件を緩和してほしいとの趣旨も加え、大臣室で100万円を渡したとされる。

 秋田元代表は「賄賂と言われれば否定できない」と供述しているという。

安倍政権の大臣・副大臣、1審で5人有罪

 東京地検特捜部は2019年から積極的な政界捜査を進め、安倍晋三元首相の政権で大臣・副大臣を務めた衆院議員を約2年間で計5人立件した。今回、東京地裁が元農相の吉川貴盛被告(71)に有罪を言い渡したことで、5人全員が1審で有罪と認定されたことになる。

有罪判決を受けた安倍政権の大臣・副大臣経験者一覧

議員名 1審の確定 量刑
河井克行・元法相(自民) 妻の河井案里元参院議員への票のとりまとめを依頼する趣旨で、広島県議ら100人に総額約2870万円を渡した(公職選挙法違反) 懲役3年、追徴金130万円(2021年6月)=確定
菅原一秀・元経済産業相(同) 有権者に葬儀の香典などで計約80万円相当を寄付した(同法違反) 罰金40万円の略式命令(同)=確定
秋元司・元副内閣相(同) カジノを含む統合型リゾート(IR)参入を目指す中国企業側から計約758万円相当の賄賂を受け取るなどした(収賄罪など) 懲役4年、追徴金758万円(21年9月)=控訴中
遠山清彦・元副財務相(公明) 貸金業の登録を受けずコロナ特別融資を希望する企業などに日本政策金融公庫の担当者を計111回紹介した(貸金業法違反) 懲役2年、執行猶予3年、罰金100万円(22年3月)=確定
吉川貴盛・元農相(自民) 大手鶏卵会社側から現金計500万円の賄賂を受け取った(収賄罪) 懲役2年6月、執行猶予4年、追徴金500万円(22年5月26日)

(2022年5月27日現在)

吉川元農相、どんな人物?

 汚職事件で19年ぶりに起訴された閣僚経験者となった吉川元農相は、農政に影響力を持つ農林族の一人。菅義偉前首相とは1996年衆院選の初当選同期で、2020年9月の党総裁選では首相の推薦人に名を連ねたほか、菅陣営の選対事務局長も務めた。

現金受領、他の議員も

 大手鶏卵生産会社「アキタフーズ」が、グループ元代表の秋田元代表と懇意な現職や元職の国会議員10人を「重要関係者」としてリスト化していたことが、関係者への取材で判明している。うち1人は、取材に秋田元代表からの現金受領を認めた。

もっと知りたい

連載

連載一覧

新着記事

もっと見る

あわせて読みたい

ニュース特集