メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書危機 闇に葬られた記録

「隠す」「残さない」「そもそもつくらない」。「森友・加計学園」や「桜を見る会」の問題で明らかになった、公文書の軽視。安倍政権によってエスカレートする民主主義崩壊の実態に迫った毎日新聞取材班の記録が書籍化されました。6月2日発売の新刊「公文書危機 闇に葬られた記録」(毎日新聞出版)を期間限定で全文公開します。6月25日から第1章~第9章を1章ずつ連日公開します。第1章の一部のみ無料公開、第2~9章はデジタル毎日会員限定での公開です。

    期間限定の全文公開は終了しました。ご愛読ありがとうございました

        

    公文書危機書影

    公文書危機 闇に葬られた記録

    • 著者:毎日新聞取材班
    • 出版社:毎日新聞出版社
    • 発売日:2020年6月 2日
    • ISBN:978-4-620-32632-0

    書籍購入サイト

    読者交流イベント 取材記者が実態を語った

連載

公文書クライシス

公文書・国では

公文書・自治体では

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 「その気になればできる」 国産長射程ミサイルに込められた「隠れた狙い」とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです