連載

公文書危機 闇に葬られた記録

「隠す」「残さない」「そもそもつくらない」。「森友・加計学園」や「桜を見る会」の問題で明らかになった、公文書の軽視。安倍政権によってエスカレートする民主主義崩壊の実態に迫った毎日新聞取材班の記録が書籍化されました。6月2日発売の新刊「公文書危機 闇に葬られた記録」(毎日新聞出版)を期間限定で全文公開します。6月25日から第1章~第9章を1章ずつ連日公開します。第1章の一部のみ無料公開、第2~9章はデジタル毎日会員限定での公開です。

期間限定の全文公開は終了しました。ご愛読ありがとうございました

    

読者交流イベント 取材記者が実態を語った

記事一覧

もっと見る

あわせて読みたい

注目の特集