メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読者の声

  • 都心上空の羽田新ルート

     羽田空港(東京都大田区)の国際線増便に伴い、3月末から東京都心を大型旅客機が飛びます。国土交通省は「騒音は想定内」(14日東京本社版朝刊)と評価します。ところ…

  • ギャンブルと医療保険

     医療費が膨らむ中でギャンブル依存症治療が4月から医療保険の対象になります。政府がカジノを含む統合型リゾート(IR)実施を前に「集団治療の保険適用を急いだ」と、…

  • 施政方針演説を聞いて

     通常国会が始まりました。安倍晋三首相が政府の基本方針を表明した施政方針演説(1月20日)などに多くの意見が届いてます。 長野県の男性は施政方針演説で地方創生の…

  • 「思わぬプレゼント」

     定員割れの高校なのに不合格となる「定員内不合格」が続き、浪人生活が7年。希望を実現することなく2019年11月に亡くなった脳性まひのある男性を取り上げた「高校…

  • 「五輪の『影』に気づいた」

     五輪・パラリンピック企画「TOKYOスイッチ」。「理念」がテーマの第1部で熱帯雨林材を取り上げた第1回(2019年12月31日朝刊)に多数の感想が寄せられまし…

  • 「世界情勢がキナ臭い」

     年末年始もたくさんの手紙やはがき、メールをいただきました。 「幸せを感じる記事を切り抜くことが多くなりました。けれど、世界情勢がキナ臭くて……」。このはがきが…

  • 「明るい希望感じる記事を」

     山形県の男性から本紙への「お願い」の手紙が届きました。「日の当たらないところで人知れず頑張っている人、純粋な若い人を掘り出してほしい」 そして銃弾に倒れた中村…

  • 身近で気づいた環境問題

     環境汚染で注目されるマイクロプラスチック問題。マイバッグを使いプラスチック削減に協力してきた鹿児島県の女性は、身近な出来事と地球環境との関わりに気づきました。…

  • 「親権」報道に感謝

     「単独親権は違憲」とする集団提訴(11月23日朝刊)の紙面に多数の感謝メールが届きました。いずれも離婚しても両親が親権を持つ「共同親権」派です。 東京都の男性…

  • ローマ教皇の来日

     長崎と広島で核廃絶を呼びかけたフランシスコ・ローマ教皇。その言動を伝える本紙の報道には多くの意見や感想が届きました。 福岡県の女性は「教皇が長崎、広島で訴えた…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  2. 岩手県立病院の女性臨時職員がマスク無断で持ち出しフリマアプリで転売 二戸

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  5. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです