メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

校閲発

紙面の文章や文字に誤りがないかチェックする校閲部の記者が、間違えやすい表現や文字などを紹介します。

  • 校閲発 春夏秋冬

     日本を代表する中型国語辞典の一つ「大辞林」の第4版が5日、発売された。13年ぶりの全面改訂で、収録項目数は第3版から1万3000増えて25万1000項目になっ…

  • 春夏秋冬

     ◆人気じわり「国語辞典ナイト」 語って深める、辞書への愛 「国語辞典ナイト」という辞書を楽しむイベントがある。2014年11月に始まり、年1回ペースだったが、…

  • 再思三省

    第75回 「帯同」するのはどっち?

    「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづ…

  • 再思三省

    第74回 文語表現は要注意

    「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづ…

  • 再思三省

    第73回 危険なプラスチック

    「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづ…

  • 再思三省

    第72回 新郎新婦の名字が同じ?

    時にはあるでしょうが 同姓婚 → 同性婚  佐藤さんが佐藤さんと、鈴木さんが鈴木さんと結婚……あり得るとしても、問題はこちらではありません。同性婚を認めないのは…

  • 春夏秋冬

     新元号が4月1日に発表され、5月1日に改元される。今回が平成最後の「校閲発 春夏秋冬」となりそうだ。そこで紙面の言葉の変遷から、30年間の平成は言葉の面ではど…

  • 再思三省

    第71回 似ているけれど大違い

    「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづ…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです