メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

校閲発

紙面の文章や文字に誤りがないかチェックする校閲部の記者が、間違えやすい表現や文字などを紹介します。

  • 春夏秋冬

     ◆人気じわり「国語辞典ナイト」 語って深める、辞書への愛 「国語辞典ナイト」という辞書を楽しむイベントがある。2014年11月に始まり、年1回ペースだったが、…

    (2019年06月27日 02:05)

  • 再思三省 第75回 「帯同」するのはどっち?

    「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづ…

    (2019年6月17日 00:25)

  • 再思三省 第74回 文語表現は要注意

    「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづ…

    (2019年5月12日 15:22)

  • 再思三省
    第73回 危険なプラスチック

    「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづ…

    (2019年04月17日 13:02)

  • 再思三省 第72回 新郎新婦の名字が同じ?

    時にはあるでしょうが 同姓婚 → 同性婚  佐藤さんが佐藤さんと、鈴木さんが鈴木さんと結婚……あり得るとしても、問題はこちらではありません。同性婚を認めないのは…

    (2019年3月14日 08:41)

  • 春夏秋冬

     新元号が4月1日に発表され、5月1日に改元される。今回が平成最後の「校閲発 春夏秋冬」となりそうだ。そこで紙面の言葉の変遷から、30年間の平成は言葉の面ではど…

    (2019年02月20日 02:07)

  • 再思三省 第71回 似ているけれど大違い

    「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづ…

    (2019年2月14日 12:04)

  • 春夏秋冬

     新聞に載ったタレントや学者など著名人の名前が、普段目にする字と違っていて、「間違っているのでは?」と思ったことはありませんか? 「滝川ではなく瀧川では?」「高…

    (2018年11月14日 02:14)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  2. ORICON NEWS 金子ノブアキ、RIZEメンバー2人の逮捕を謝罪「更生を願う」 金子賢輔容疑者は実弟
  3. 参院選、投票率前回下回る 22日未明に大勢判明
  4. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  5. 参院選投票日にあたっての各党の声明 全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです