メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

校閲発

紙面の文章や文字に誤りがないかチェックする校閲部の記者が、間違えやすい表現や文字などを紹介します。

  • 再思三省 第66回 決壊…何が壊れたのか

    「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづ…

    (2018年9月11日 16:49)

  • 春夏秋冬

     8月6日の広島「平和記念式典」と、9日の長崎「平和祈念式典」。被爆地で毎年開かれる二つの行事は、よく見ると表記に違いがあります。しばしば混同される「記念」と「…

    (2018年08月08日 02:00)

  • 再思三省 第65回 都心ばかりが東京じゃない

    「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづ…

    (2018年8月7日 17:39)

  • 再思三省 第64回 本当に粗末な品でも

    「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづ…

    (2018年7月15日 23:45)

  • 再思三省 第63回 さむらいだらけ

    「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづ…

    (2018年6月14日 11:03)

  • 再思三省 第62回 不思議な誤字

    「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづ…

    (2018年5月11日 10:13)

  • 春夏秋冬

     将棋の名人戦が先月始まり、間もなく囲碁の本因坊戦も開幕します。そこで今回は碁将棋にまつわる言葉から、主に囲碁に関するものを取り上げます。日常語に多く入り込んで…

    (2018年05月02日 02:02)

  • 再思三省 第61回 遠ざかる前政権の記憶

    「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづ…

    (2018年4月10日 13:45)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  4. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです