メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

校閲発

  • 春夏秋冬

     デング熱を媒介するヒトスジシマカや毒のあるセアカゴケグモなど、虫の仲間が注目を浴びるときはあまり良いことがないものですが、今年も同様。人を刺すこともある「ヒア…

    (2017年08月14日 02:05)

  • 再思三省 第52回 誤りの学園

    「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづ…

    (2017年7月18日 12:09)

  • 再思三省 第51回 昭和も遠くなりにけり

    「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづ…

    (2017年6月19日 19:53)

  • 再思三省 第50回 将棋と相撲は近い?

    「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづ…

    (2017年5月22日 11:37)

  • 春夏秋冬

     「選挙で『○○が再選』ってよく書くけど、あれは『再選した』って続けるのがいいのかな。それとも『再選された』なの?」と他部署の人に聞かれました。その場では「再選…

    (2017年05月06日 02:58)

  • 再思三省 第49回 何よりもミスが心配です

    「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづ…

    (2017年4月14日 15:37)

  • 【毎日ことば90秒】最終回 仕事のやりがいを語る

     新聞製作を支える校閲の仕事を紹介する「毎日ことば90秒」、50回目の今回が最終回です。昨年春入社の若手・谷井美月記者の「校閲の仕事を例えると?」「校閲のやりが…

    (2017年04月01日 10:00)

  • 【毎日ことば90秒】これが紙面守る「七つ道具」

     静かなイメージをもたれやすい校閲ですが、新聞社の校閲は意外に慌ただしいのです。締め切りに追われながらも正確な紙面を届けるために欠かせない道具とは? 「毎日こと…

    (2017年03月18日 10:00)

  • 再思三省 第48回 覚せい剤、所持も使用も罪ですが……

    「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづ…

    (2017年3月15日 14:59)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降り 女子高生2人自殺か パチンコ店屋上から
  2. ゾウガメ 脱走 55キロ、おとなしいが… 岡山の動物園
  3. 東大院生 34歳「スリルと背徳感」女子高生の頭にバッグ
  4. キョン 房総で大繁殖 観光施設脱走、14年で50倍 5万頭、農業被害拡大
  5. トランプ大統領 人はねられる絵を転載、数分後に削除

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです