メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第88回選抜高校野球

龍谷大平安、桜咲く 昨春の悔しさ糧に(その2止) /京都

 <センバツ2016>

    ベスト4目指す

    整列して走り込む龍谷大平安の選手たち=京都市伏見区で、小松雄介撮影

     「今年は攻めていく」。原田英彦監督が力を込めて語るように、チーム打率3割7分6厘の強力打線が、今年の龍谷大平安の最大の武器だ。

    声を出しながら守備練習する龍谷大平安の選手たち=京都市伏見区で、小松雄介撮影

     打撃陣の中心は、昨春のセンバツを経験した、チーム最高打率4割8分1厘の4番・橋本和樹選手(2年)。公式戦9試合で本塁打3本、二塁打3本を含む13安打を放ち、1人で19打点を挙げる活躍を見せた。中軸を担う西川藍畝選手(同)や冨田慎太郎選手(同)の他、久保田悠選手(同)、竹内良典選手(同)らも打率4割を超え、打線に切れ目がない。小川晃太朗選手(同)は50メートル5秒台の俊足を生かして出塁し、機動力で相手にプレッシャーを与える。

    キャッチボールする龍谷大平安の選手たち=京都市伏見区で、小松雄介撮影

     投手陣は、主戦の左腕・市岡奏馬投手(同)が鍵となる。公式戦8試合中7試合を完投した。最速142キロの直球で勝負し、打たせて取る投球が持ち味だ。続くのは内外角に投げ分ける制球力がある右腕・大野将輝投手(同)。バランスの取れた投手陣がマウンドを守る。

     原田監督は「素直に練習に取り組む選手が多く、今年のチームは強くなると期待している。昨春のセンバツ初戦で負けた悔しさを原動力に、ベスト4入りを目指す」と抱負を語る。

     ◆学校プロフィル

    甲子園、春夏で最多

     1876(明治9)年、浄土真宗本願寺派寺院の子弟を教育する目的で滋賀県・彦根に創立した「金亀(こんき)教校」が前身で、1909年から現在の場所に移転。48年に新制「平安高校」となり、2008年に「龍谷大付属平安高校」に改称された。

     硬式野球部の創部は1908年。甲子園出場は春夏通算73回目で歴代最多を誇る。夏は38、51、56年の計3回優勝し、春は2014年に初優勝した。プロ野球界に、元広島の衣笠祥雄さんや元阪神の桧山進次郎さん、西武の炭谷銀仁朗選手らを輩出。昨年のチームのエース・高橋奎二投手はドラフト3位でヤクルトに入団した。

     京都市下京区大宮通七条上ル御器屋町30(075・361・4231)。


     ◆対戦成績

    【公式戦】

     14−0 東山

     12−2 西京

      8−1 宮津

     10−4 大谷

     10−0 京都国際

      9−3 福知山成美

      9−1 高 野 山

      7−0 阪南大高

    ▲ 1−8 滋賀学園

    【非公式戦】

    ▲ 4−5 加古川北

     11−0 加古川北

     13−0 各務野

      7−1 宇部鴻城

     13−3 草津東

     16−3 草津東

      8−0 大島

     12−4 福岡大大壕

     15−0 大阪

     12−1 大阪

      5−3 学法石川

      8−7 学法石川

      4−0 関西

      6−0 関西

    △ 3−3 開星

      4−2 秀岳館

     9 −4 国士舘

      8−2 国士舘

      2−1 帝京

    △ 2−2 日大三

    ▲ 2−5 広島新庄

      4−3 中京大中京

      9−5 中京大中京

    ▲ 1−3 海星(三重)

      4−3 海星(三重)

      8−6 倉敷商

    ▲ 1−6 倉敷商

      8−0 東海大仰星

      5−2 星城

      8−1 桐蔭学園

    △ 2−2 桐蔭学園

     10−0 誉

     10−0 広島商

     10−1 倉吉西

    43試合35勝5敗3引き分け

    (▲は敗戦、△は引き分け)


     ◆予想メンバーと個人成績◆

     監督 原田英彦  部長 森村俊輔

    打順 守備位置  氏名   学年 出身中学  身長 体重 試合数 打数 安打 打点 本塁打 三振 四死球 盗塁 失策  打率

     6 投手  △市岡奏馬   2 修学院  179 73   8 27  8  5   0  2   3  1  0 .296

     8 捕手   竹葉章人   2 大瀬   174 70   9 25  7  7   1  4   4  1  0 .280

     5 一塁   冨田慎太郎  2 東宇治  177 74   9 27 11 10   2  4   6  4  0 .407

     2 二塁  ▽久保田悠   2 梅津   166 63   9 24 11  8   0  3  10  2  0 .458

     4◎三塁   橋本和樹   2 太秦   176 75   9 27 13 19   3  3  10  3  0 .481

     3 遊撃   西川藍畝   2 丹生   175 70   9 31 14  6   0  5   1  4  1 .452

     9 左翼  △竹内良典   2 振甫   168 64   8 14  6  0   0  1   4  3  0 .429

     1 中堅   小川晃太朗  2 北条   180 72   8 23  9  5   0  1   5  4  0 .391

     7 右翼  ▽磯崎駆    2 金岡北  170 65   5 10  4  3   0  2   7  3  0 .400

       補    大野将輝   2 豊山   172 69   2  3  1  1   0  1   0  0  0 .333

            葛城大地   1 二条   173 68   −  −  −  −   −  −   −  −  −  −

            並河柊太   1 橋北   174 68   −  −  −  −   −  −   −  −  −  −

            嶋本拓真   2 桜井   178 75   −  −  −  −   −  −   −  −  −  −

            岩崎佑哉   2 南部   167 66   −  −  −  −   −  −   −  −  −  −

            松尾崇平   2 墨江丘  171 63   5  6  0  0   0  1   0  0  0 .000

            上野鈴太郎  2 弥刀   181 75   1  1  0  0   0  0   0  0  0 .000

           ▽岡田悠希   1 八本松  180 72   9 19  5  7   3  7   9  2  0 .263

            小夏健太郎  2 茨田   166 63   −  −  −  −   −  −   −  −  −  −

            佐藤仁亮   1 寺戸   172 69   −  −  −  −   −  −   −  −  −  −

            島田一輝   2 東輝   172 63   −  −  −  −   −  −   −  −  −  −

    (◎は主将、▽は右投左打、△は左投左打)※チームが集計したデータを基に作成。

    毎日新聞のアカウント

    8月12日の試合

    話題の記事

    関連サイト