メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選抜高校野球

一般枠で土佐 3年前の「全力疾走」再び

出場決定の吉報に抱き合って喜ぶ土佐ナイン=高知市の土佐高で2016年1月29日、最上和喜撮影

 一足早い春の便りが32校に届いた。29日に毎日新聞大阪本社で開かれた第88回選抜高校野球大会の選考委員会で、一般選考29、21世紀枠3の出場校が決定した。

 2013年に21世紀枠で20年ぶりに出場した土佐が一般枠で選ばれた。「右文尚武」(文武両道)を実践し、代名詞の「全力疾走」で甲子園を沸かせた3年前。当時中学生だった現部員らは、その姿に憧れ入部した。四国だけでなく、近畿や中国地方から来た選手もいる。主将の吉川は「3年前にたくさんの応援を頂いたから今がある。恩返しの甲子園にします」と決意を述べた。

毎日新聞のアカウント

4月3日の試合

話題の記事

関連サイト