メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンジ旋風・常総学院センバツ出場

第3部/3 宮里豊汰一塁手(1年) /茨城

宮里豊汰一塁手
☆大事なモノ 親の友人からもらったライオンのキーホルダー

 <第88回選抜高校野球>

    常に本塁打イメージ 宮里豊汰(とよた)一塁手

     昨秋の公式戦で、2本塁打を含む4長打、8打点、打率5割2分といずれもチーム一の打撃成績を残した。今、最も勢いのある強打者だ。

     昨秋の県大会は背番号「20」でぎりぎりのベンチ入り。当初は打てなかったが、準決勝の日立一戦で一回に2点を先制する右中間三塁打を放ち「地に足がついた」。決勝の霞ケ浦戦では4打数4安打と大暴れした。

     関東大会で背番号「3」を与えられた。初戦の横浜戦では最速151キロの相手投手に気後れすることなく「打てる気がした」。五回に左翼スタンドへアーチを描き、チームを逆転勝利に導いた。

     小学1年生から、4〜5歳離れた2人の兄の影響で野球を始めた。地元・川崎市の軟式チームに所属。小学3年で初本塁打を放ち、長打の感覚をつかんでからは、中学までチームの主軸だった。

     高校入学後は鋭い打球を放つ先輩を見て「上には上がいる」と痛感。同学年の陶山勇軌選手がレギュラーをつかみ、負けられない気持ちもあった。新チームになってからは帰宅後、寮の前で毎日500回素振りを重ねた。足が遅いため「チームに貢献できるのは長打しかない」と自覚し、1振りごとに本塁打をイメージした。

     センバツでの目標も長打を放つこと。チームを背負う覚悟を持って打席に入るつもりだ。【加藤栄】=つづく


    選手データ

     ▽川崎市立田島中

     ▽174センチ、80キロ

     ▽右投げ、右打ち

     ▽打率5割2分(昨秋の公式戦)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

    2. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

    3. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

    4. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

    5. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです