メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

センバツ甲子園

「秀岳館旋風」最後まで 58年前の選抜優勝、済々黌主将・末次さんの話 /熊本

 <第88回選抜高校野球>

    「優勝狙える好チーム」

     1958年のセンバツで県勢初優勝した済々黌高主将で、監督として夏の甲子園に2度導いた末次義久さん(75)の話

     秀岳館は優勝の期待を感じさせる実力十分のチーム。鍛治舎巧監督の指導の下、体作りは全国トップ級で、データに基づき優勝を狙えるチーム作りがされた。県内ライバル校の刺激となり県全体のレベル向上につながる。秀岳館に勝てば全国レベルの戦いができる指針になる。ここ数年、九州勢の勢いが無い中で素晴らしい戦いを披露してくれた。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

    2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

    3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

    4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

    5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです