メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第88回選抜高校野球

一体感や演奏力評価 応援団・優秀賞の秀岳館に盾授与 /熊本

応援団の前で優秀賞の盾を受け取り、「スタンドとグラウンドが一体になった結果」と話す中川校長(手前左)

 <センバツ>

     第88回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)で初のベスト4に進出し、応援団賞の優秀賞を受賞した秀岳館高校に9日、優秀賞の盾が贈られた。同校がセンバツの応援団賞の優秀賞を受賞するのは、初出場した2003年に続き2回目。

     同校の応援は、校名の頭文字「S」を見栄えのする人文字で作った応援席の一体感や、スムーズな入退場、レベルの高い演奏などが高く評価された。

     この日は同校の入学式があり、その直後、まず野球部の活躍を映像で振り返り、チアリーダーたちが甲子園のスタンドさながらのパフォーマンスを披露。中川静也校長に大久保資宏・毎日新聞熊本支局長から盾が授与された。

     大久保支局長は「野球部からは感動、応援団からは元気をもらいました」とあいさつ。中川校長は「卒業生も駆けつけ、スタンドとグラウンドが一体となり、2回目の受賞となりました。さらにすばらしい歴史と伝統を作りましょう」と話した。【笠井光俊】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

    2. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

    3. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し

    4. 東名あおり運転控訴審 初公判で即日結審 危険運転致死傷成否が最大の争点 東京高裁

    5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです